FIRE: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIREを実現しました。投資歴20年以上。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家。ロジックとエビデンスを大事に、運と不確実性を愛しています。

銀オプションプット売り 満期まで9日

前回に続き、銀オプションプット売りの状況を見ていきましょう。

 

kuzyo.hatenablog.com

 

f:id:kuzyo:20180402145135j:plain

 

まず損益合計ですが、前回の -73.8ドルから-46.8ドルまで改善しました。つまり、現在売ったプットを買い戻してポジションをクローズするためのコストが低下しました。買い戻すために必要なプレミアムは、149.6ドルから122.6ドルへと27ドル安くなったということです。

 

f:id:kuzyo:20180402145345j:plain

グリークを見てみると、デルタが381から303にさらに減少しました。これは銀価格が16.35から16.40へと上昇したことが影響しています。

 

一方で、ボラティリティは14.8%から15.16%へとわずかに上昇。ボラティリティの上昇はプレミアムを上昇させますので両者が相殺されてプレミアムが減少したと考えられます。ボラタリティがどのくらいプレミアムに影響するかはベガの値を見ます。ベガは(絶対値で見ると)ATMで最大で、OTMやITMになるに従って減少します。今回銀価格が上昇したことでOTMとなり、ベガが減少(16→12)したことでボラタリティの影響が少なくなりました。

 

またセータ分の10ドルだけ、プレミアムが減少しました。このままいけば、ほぼ毎日10ドルずつプレミアムは安くなり、含み益が10ドルずつ改善していくことになります。

 

f:id:kuzyo:20180402150050j:plain

最後に5分足のチャートです。4月2日に入ってさらに銀価格が上昇し、16.4の価格をつけました。緑と赤の線は、2σのところに引かれたボリンジャーバンドになります。

 

また明日、ポジションの状況を見ていきます。

 

↓翌日の銀オプションプット売の状況はこちら

kuzyo.hatenablog.com