投資でセミリタイアする九条日記

セミリタイアを実現したサラリーマン。ETF投資を中心に、太陽光投資や不動産投資、オプション、VIX、FX、CFDまで使って資産運用をしています。

各証券会社の特徴 サクソバンクとネオモバイル マニアック編

前回の比較的メジャーな証券会社に続き、今回はマニアック編です。
www.kuzyofire.com

とにかく取り扱い銘柄が多いサクソバンク証券

f:id:kuzyo:20190916122218p:plain

知名度が低いサクソバンク証券ですが、とにかく取り扱い銘柄が豊富です。

 

海外株では実に8105件。しかも、現物取引だけでなく多くの銘柄で個別株のCFD取引が可能です。200件を超えるコモディティや、2000件近いETFや指数も取引できます。貴金属オプションを使ってプット売りするときは、もちろんサクソバンクです。

www.kuzyofire.com

先日、マネックスと楽天、SBIが米国株の最低取引手数料引き下げ合戦をしましたが、手数料率自体は0.45%で3社とも変えませんでした。ところが、サクソバンク証券はそもそも0.2%(米国取引所)なんですね。

 

そして、最大手数料は3社とも20ドルですが、サクソバンクは15ドルです。なんというか、手数料合戦に一喜一憂するユーザーもいますが、そこまで手数料が気になるならサクソバンクを使うほうがいいと思います。

f:id:kuzyo:20190831010040p:plain

 

FXでは、なんと150以上の通貨ペアが取引可能。高金利のハンガリーのHUF(フォリント)や、ポーランドのPLN(ズロチ)などもJPYとのペアが取引できます。通貨のバニラオプション(バイナリーではない)を取り扱う国内唯一の業者ですし、金と銀のオプションも提供しています。

 

FXのスプレッドも、変動ではありますがかなり狭いという特徴があります。都度都度瞬時に変わるのですが、USD/JPYならスプレッド0.1銭なんてタイミングもあります。

f:id:kuzyo:20190831010244p:plain

 

取り扱い銘柄が多く、コストもけっこう安い。しかし、日本株は扱っていないし、UIは恐ろしく海外風です。日本株を扱っていないので、そもそも特定口座がありません。つまり確定申告必須なのですが、日本の証券会社のように確定申告書にそのまま書き移せるような書類は表示されません。まったくやっかいです。

 

ただし、サポートがたいへん親切で素晴らしいことは付記します。ヘルプを読んでも分からず何度もサポートとやり取りしましたが、ホスピタリティがあり慇懃無礼でもなく、対応が早く的確という、証券会社のサポートの中では、ぼくがやり取りした中ではピカイチでした。

 

メジャーな証券会社ではないせいか、サポートの担当者の名前を覚えてしまったほどです。

端株で圧倒的優位 ネオモバイル証券

f:id:kuzyo:20190916122323p:plain

優待の長期保有者対象が増えるにつれ、注目度が増すのが端株です。長期株主のチェック方法にはいくつかありますが、「100株以上の」などの記載がない場合、1株でも持ち続ければ株主番号が継続し、長期株主と認定される場合があります。

 

そこで、1株(端株)を長期保有するわけですが、それを最も有利に取得できるのがネオモバイル証券です。

 

ネオモバイル証券は、毎月216円(税込み)の手数料が取られますが、200円分のTポイントが還元されます。そしてTポイントで株の購入が可能です。実質16円のコストで取引できるというわけです。

 

取引手数料は無料ですが、月間50万円を超える取引を行うと、先の216円の手数料が1080円以上に増額です。正直、50万円を超える取引量なら他の証券会社を使ったほうがお得なので、月間50万円以下の少額取引がメインになります。

f:id:kuzyo:20190902095811j:plain

つまり、端株ですね。

 

端株には議決権がありません。ただし配当はもらえますし、銘柄によっては株主優待がくることもあります。

www.kuzyofire.com

 

Tポイントで端株が買えるので、まさにTポイントを現金化できるということでもあります。最近Tポイントが劣勢で、ぼくもあまりTポイントを貯めたくなかったのですが、こういう使い方ができるならありです。