投資でセミリタイアする九条日記

セミリタイアを実現したサラリーマン。ETF投資を中心に、太陽光投資や不動産投資、オプション、VIX、FX、CFDまで使って資産運用をしています。

資産が貯まれば自由になれる F.I.R.E.に向けて(1)

f:id:kuzyo:20191030095021j:plain

「自由な人生」に憧れることはありませんか? 人は生きているうちにさまざまなしがらみができてきて、自由に思ったとおりには生きられないものです。でも、自由を妨げるものを解決する方法があるのです。

あれ俺、お金のために仕事してない?

やりたくないのにやらなきゃいけないことってありますよね。僕の場合は、それは仕事でした。「この仕事をあと20年も続けるのか?」そう自問したとき、この状況をなんとかしなきゃと思ったのです。

 

もともと今の仕事は好きで始めました。就職してから約20年。自分のやりたいことと自分の能力を生かして仕事をしてきたつもりです。ところが、仕事キャリアの後半戦から雲行きが変わってきました。

 

管理職として昇進していくうちに、管理仕事が中心、というかほぼすべてになっていったのです。事業計画の立案はともかく、とにかく人の管理は辛いものでした。根本的に、人は自由に生きるべきという考えを持っているのに、「事業の状況がこうだから、こうしてくれ」「この方法だとパフォーマンスが出ないので、こうしてくれ」こんな話を延々とする感じです。

 

「なぜ事業を成長させなくてはいけないんですか?」こんな質問に、「株式会社は成長を義務付けられた組織だから」と答えざるを得ない自分がいました。今でもこの答え自体は間違っていないと思いますが、逆に「なんで僕は株式会社の中で、株主のために事業を成長させ続けなくてはいけないんだろう?」そんなふうに考え始めたのです。

 

自分のやりたいことと、現在の仕事がどんどんかけ離れていく。では、なぜこの仕事を続けているのか? と考えた時に、最大の理由は「お金」だと気付いたのです。

お金が最大の問題なら給料以外で稼げばいい

管理職としてもそこそこ成功していたので、給料は人並み以上にいいし、時間の使い方にも裁量があって、まぁサラリーマンとしては最高の境遇だったと今でも思っています。ただその毎日は、ゲームのように会社の業績を上げることと、自分の給料をしっかりもうらことが目的になってしまっていました。

 

40代も半ばになって、この後定年までの十数年、これを続けるのか? と思うと気分が落ち込んできました。たぶん50歳を超えたら、続けるしか選択肢がなくなってしまうだろう、とも。

 

その頃から、現在の資産からの不労所得で生活できないかと、具体的な計算を始めました。家族4人を養うのに必要な金額はいくらか、安定して不労所得を得ていくにはどうしたらいいのか、いったいいくらの資産があれば生活がまかなえるのか。どれだけの資産があれば、もともとやりたかった仕事をしていけるのだろうか、と。 

どうやったら経済的自由を達成できるか

お金を稼ぐために働かなくていい状況を「経済的自由」といいます。自分の人生、自分の時間をすべて「お金稼ぎ」以外に使える身の上です。

 

例えば資産が1億円を超えると、年利5%で運用するだけで年間500万円、税引き後400万円の収入が自動的に入ってきます。年間400万円が多いか少ないかは人によって違いますが、少なくとも生きていくには十分な金額です。高望みをしない限り、経済的自由を手に入れたといえるでしょう。

 

経済的自由を手にしてしまえば、やりたくないことは拒否できます。ボーナスのダウンや減給だって大きな問題ではありません。会社をクビになったとしても、ことお金の面については途方に暮れることもないのです。

 

ではどうやったら経済的自由を手に入れられるのか。不定期連載として、その方法をまとめていこうと思います。

 

【第2回はこちら】

www.kuzyofire.com