FIRE:投資でセミリタイアする九条日記

FIREを実現したサラリーマン。ETF投資を中心に、太陽光投資や不動産投資、オプション、VIX、FX、CFDまで使って資産運用をしています。

全世界株式インデックス MSCI(ACWI)とFTSE Global All Cap Indexの違いとは?

パッシブインデックス投資家にとって、1つの王道は全世界株式に投資することです。ところが、一口に「全世界株式」といっても、微妙な違いがあります。多くのファンド/ETFは、世界株式指数の代表である、MSCI All Country World Index(ACWI)か、FTSE Global All Cap Indexに連動した値動きを目指します。

 

では、MSCI ACWIとFTSE Global All Cap Indexの違いはどこにあるのでしょうか?

どの指数に連動するか

メジャーな世界株式インデックス連動投信やETFが、どちらの指数に連動するのかを最初に確認です。

  • バンガード トータル・ワールド・ストックETF(VT) FTSE Global All Cap Index
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) MSCI ACWI
  • iシェアーズ MSCI ACWI ETF(ACWI) MSCI ACWI
  • たわらノーロード 全世界株式 MSCI ACWI
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド VT→FTSE Global All Cap Index

なるほど、メジャーなものだけを見ても、FTSE派とACWI派に分かれていることが分かります。

MSCI ACWI

MSCI ACWIは、23の先進国と27の新興国の大型株、中型株、計3050種について、時価総額加重平均で表されます。各市場の時価総額の85%をカバーするとしています。カバーしている国は下記の通りです。アフリカのほとんどや中南米、中東、東欧地域については入っていませんが、これら23カ国は「MSCI ACWI & Frontier Markets Index」のほうでカバーされます。

f:id:kuzyo:20200120224122p:plain

下記に示したのは2017年時点の構成国の分類です。先進国は2020年時点も変わっていませんが、新興国については3カ国増加しています。アメリカ地域にアルゼンチンが追加、欧州&中東地域にサウジアラビア、エミレイツが、太平洋地域にパキスタンが追加されています。

FACTシート

f:id:kuzyo:20200120224456p:plain

セクター別と国別の比率は次の通りです。国についてまとめると、次のようになります。

  • 米国  55.59%
  • 日本  7.17%
  • 英国  4.81%
  • 中国  4.19%
  • フランス 3.34%
  • その他 24.9%

 

f:id:kuzyo:20200120225117p:plain

FTSE Global All Cap Index

FTSE Global All Cap Indexは、FTSE Global Equity Index Series (GEIS)の中の指数の1つです。ACWIとの違いは、大型、中型株だけでなく小型株も含んでいることで8000種類の株式を含むとしています。世界で取引可能な株式の約98%をカバーということです。

 

国数で見ると、49カ国です。あれ? ACWIよりも一国少ないぞ、と思ったら、こちらにはアルゼンチンが含まれていません。Bloombergによると、ACWIにアルゼンチンが入ったのは19年だったようです。

FACTシート

 

国別の比率は次の通りです。小型株を含むせいか、微妙にACWIと比率が違いますね。

  • 米国  54.93%
  • 日本  7.59%
  • 英国  5.08%
  • 中国  3.77%
  • カナダ 3.02%
  • フランス 2.99%
  • その他 22.62%

パフォーマンスの比較

さて、現時点でのパフォーマンスにはどのくらいの違いがあるのでしょうか。どちらのほうがリターンが大きいという比較というより、小型株が入っているかどうか、時価総額ベースで14%変わるとどのくらいの影響があるのかという観点でチェックです。

f:id:kuzyo:20200120232552p:plain

うーん。さすがにほぼ違いがありませんね。これだけ見ると、まぁどちらの指数に連動でも、ほとんど変わらないといえそうです。

 

www.kuzyofire.com