FIRE: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIREを実現しました。投資歴20年以上。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家。ロジックとエビデンスを大事に、確率と不確実性を愛しています。

ワクチンで大騒動 Withコロナ銘柄とAfterコロナ銘柄

11月9日夜に明らかになった、ファイザーのコロナウイルスワクチン開発経過報告によって株式相場は大混乱でした。米国株は崖のように上昇して、その後、下落。日本株も急上昇して2万5000円を超えて始まったものの、最後には再び割って終えました。

明暗を分けた、WithコロナとAfterコロナ

さて、下記はおなじみfinvizの米国株セクター別騰落率ヒートマップです。ぱっと見て、これまでのコロナ相場を牽引してきたハイテクITが軒並み下落です。特にAmazonの5%下落は大きいですね。一方で、エクソンモービルやシェブロンなど原油銘柄は10%以上の急上昇でした。

f:id:kuzyo:20201110162620j:plain

これは、言ってみれば、コロナ禍で業績を伸ばすWithコロナ銘柄が、ワクチン期待で下落し、これまでコロナの影響をもろに受けて業績株価ともに下落していた銘柄が、Afterコロナ銘柄として買われたという感じでしょうか。

 

この1日のセクター別当落率を見るとはっきりと分かります。エネルギーセクターは11.8%もの上昇。次いで金融セクターが6.7%上昇です。

 

一方で、テクノロジーセクターは1.7%の下落。また景気循環セクターもマイナスでした。

f:id:kuzyo:20201110162857j:plain

もっとも、今回の変化はワクチンという大きなニュースに反応したために一気に動いたもので、全体のトレンドはそれほど変化がありません。いまのところですが。下記は、ここ1年のセクター別騰落率ですが、昨晩1日と真逆になっていることが分かります。

 

テクノロジーは42%上昇し、景気循環セクターも41%上昇。また、エネルギーセクターは43%ものマイナスです。ワクチンで多少揺り戻しがあったものの、まだまだ差は開いたままです。

f:id:kuzyo:20201110163505j:plain

債券利回りは急上昇

ワクチンのニュースは、要するにコロナ禍で起きた動きをすべて逆回しにしました。例えば金利です。コロナ禍で3月に株価が暴落するとともに、債券は買われ、米国債10年ものの金利は急降下しました。その後、横ばいを続けてきましたが、今回のワクチンニュースに債券市場も反応。一気に0.95まで金利は急上昇です。

f:id:kuzyo:20201110163820j:plain

もっとも、これも短期の動きで、ここ1年で見ると金利はまだ低い状況が続いています。

f:id:kuzyo:20201110163842j:plain

ドル円為替もいっきに円高に

ワクチンニュースに反応したのは株式市場と債券市場だけではありません。為替も一気に動き、103.2円台から一時105.5円台まで急騰しました。2円を超える動きとあって、すごいですね。FXポジションを取っていなくてよかったと思います。

 

f:id:kuzyo:20201110164227j:plain

なぜ円安に触れたか。これはTwitterで教えていただきましたが、二国間の金利差の変動によるもののようです。コロナ禍への金融緩和は、日本よりも米国のほうが大規模だったわけですが、これにより米国金利が下落、相対的に日本の金利が有利になり、円が買われ、円高に振れていました。

 

ところが今回米国金利が急上昇したことで、米国金利が相対的に有利になり、円が売られた。その結果が2円を超える上昇だったということです。

 

下記は米10年債価格(赤)とドル円(青)のここ5日間の推移ですが、金利が上昇(債券価格下落)するのと同時に、ドル円が急上昇していることが分かります。まさに表裏の関係なわけです。

f:id:kuzyo:20201110164149j:plain

一応は下落した金とBitcoin

株や債券、為替ほどではありませんが、金や仮想通貨も多少影響を受けました。赤はBitcoin、青は金(ゴールド)です。ワクチン報道を受けて金は一時下落しましたが、徐々に戻りつつあります。Bitcoinに至っては、たしかに下落しましたが、すぐに回復しています。もともとボラティリティが大きい資産なので、ほとんどノイズのような動きとなりました。

f:id:kuzyo:20201110165110j:plain

経済正常化に向けて落ち着きを取り戻すVIX

最後にVIXです。基本的に市場下落時に大きく上昇するVIXですが、急激な株高で直近では少し上昇しました。とはいえ、ここ5日間で見ると、37あたりから23くらいまで落ちてきており、市場は落ち着きを取り戻しつつあることが分かります。

f:id:kuzyo:20201110165449j:plain

 ほんと、1日でバタバタといろいろありましたが、僕のトレードはなし。基本的に相場の上下を当てるようなトレードはしませんし、各資産は長期ロングが基本です。まぁ全体として、ポートフォリオ内の債券や金の価値は減った感じですが、そのほかの資産が増えたことでしょう。

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com