FIer: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIerを実現しました。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家で、リバタリアン。ロジックとエビデンスを大事に、確率と不確実性を愛しています。

Kyashがなんと+5%還元 還元上限なしの4日間

f:id:kuzyo:20220218171426p:plain

Kyashがなんと5%上乗せ還元の大盤振る舞い開始です。あまりのハードルの低さの爆益案件具合に、「これは本当か?」「落とし穴があるのではないか」など、ネットでもさまざま話題になりましたが、どうやら素直に、本当に、5%を還元する模様。これはすごい。

5%上乗せ還元の概要

まずは概要です。

  • 期間 2月17日18時〜2月20日23時59分
  • エントリー不要
  • 還元率は1回の決済金額で変わり、最大5%
  • 還元上限なし

f:id:kuzyo:20220218171816p:plain

なんと、5万1円以上の決済なら5%を、Kyashポイントで還元するということです。還元タイミングは3月中旬。エントリーも不要だし、普通に使えばOKです。

 

あまりのおいしさに、条件の1つ「キャンペーン期間中にポイント還元対象の決済を行った方全員」というのが、何を意味するのか話題になりました。例えば、Kyashは月間のポイント還元上限が決まっていて、それを超えると還元がありません。つまり、還元上限を超えた場合、「ポイント還元対象の決済」に当たらないから、今回のキャンペーンの対象にもならないのでは? という説です。

 

ところが、18日の10時に追記があり、

f:id:kuzyo:20220218172049j:plain

と、あーら本当にすべての決済が対象になるようです。これはすごい。

還元のベストプラクティス

ではマックス還元を受けるには、どうするのがいいでしょうか。大きな買い物を予定している人はそれに使えばいいと思いますが、そうでなければ、やっぱり他の決済サービスへのチャージです。Kyashは3Dセキュアに対応していることもあり、いろいろなサービスにチャージできることで知られています。

 

例えば、TOYOTA Wallet、MIXI M(旧6gram)、Revolutなどへのチャージが考えられますね。この中で、ちょっと外れるのはTOYOTA Walletです。こちらは1回のチャージ上限が5万円なので、Kyashの5万1円以上=5%還元になりません。

 

MIXI Mはどうでしょうか。KyashからMIXI Mへはチャージできます。ただ今回ぼくはRevolutを使いました。ルートとしては下記になります。なんというか、むちゃくちゃ美味しいですね。実に13%還元です。

  • 三井住友カードゴールド(XRP 3%還元中)
  • → Kyash 5%還元
  • → Revolut (メタル5%還元中)

www.kuzyofire.com

ただし、Revolutのほうは月間利用10万円までという還元上限があります。3月末でメタル5%キャンペーンが終了なので、チャージしていいのは20万円まで。その先はMIXI Mへのチャージを行っています。

f:id:kuzyo:20220218173351j:plain

 

そして、もう1つ注意が上限額です。関係しそうなのだと下記があります。

  • 1カ月あたりの決済上限100万円 (KYC済みアカウント
  • 24時間あたりの入金上限30万円

というわけで、マックス100万円を決済して、その5%、5万円ゲットしようと思ったら、下記のスケジュールでチャージしないと間に合わなくなるということです。

  • 〜17日 10万円
  • 18日 30万円
  • 19日 30万円
  • 20日 30万円 

また、Kyashには自分で決済上限を設定するメニューがあって、これがセットされていると100万円に達しなくても決済が失敗します。この点も要注意です。

 

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com