FIer: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIerを実現しました。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家で、リバタリアン。ロジックとエビデンスを大事に、確率と不確実性を愛しています。

3月優待クロス、一般信用は最終決戦終了

f:id:kuzyo:20220318192720j:plain

今年の3月末優待の権利付き日は29日(火)。なので、本日18日の夕方に日興で予約した銘柄は25日(金)に建てることになります。つまり、28日(月)に建てる余り物を除けば、実質本日が最終日というわけです。では、どんな銘柄を建てたのか。いってみましょう!

3月クロス済み銘柄

すでに建てた銘柄は下記の通りです。

  • シュッピン(3179) 2.62%5000円割引券
  • グローセル(9995) 2.14%QUO1000
  • AOKIHD8214) 1.93%20%引き券  NEW!
  • JSP7942) 1.80%QUO3000  NEW!
  • 平河ヒューテック 5821) 1.69%QUO2000  NEW!
  • カッパクリエイト(7421) 1.41%食券3000
  • ユナイテッドアローズ 7606) 1.20%15%引き4
  • 大日塗料(4611) 1.17%QUO1000
  • 立花エレ(8159) 1.13%QUO2000
  • 三菱ロジネクスト(7105) 1.11%QUO1000   NEW!
  • ヨロズ(7294) 1.10%QUO1000
  • 菱電商事(8084) 1.08%QUO2000 
  • シモジマ(7482) 0.97%QUO1000
  • カナデン(8081) 0.94%QUO1000   NEW!
  • 早稲田アカデミー 4718) 0.92%QUO1000
  • DNC4246) 0.92%QUO500   NEW!
  • 安田倉庫(9324) 0.90%お米券2k   NEW!
  • ウィン・パートナー(3183) 0.90%QUO1000
  • さくらインターネット(3778) 0.88%QUO500   NEW!
  • eBASE3835) 0.86%QUO500  NEW!
  • 東プレ(5975) 0.84%QUO1000  NEW!

いくつかは先週建てたもの。そして、NEWは本日建てた銘柄です。ユナイテッドアローズは、いったん先週建てたものの、在庫を確保できたのでクロスを解消。そして本日立て直しました。

www.kuzyofire.com

なお、JSPと平河ヒューテックはGMOで建てています。GMOやマネックスは優待クロスにおいてはマイナーな証券会社ですが、だからこそ、意外なものが意外に残っていたりします。

 

ちなみに日興はそこそこマイナーだったのですが、最近は優待ではすっかりメジャーになりましたね。SBIやカブコムよりも、愛用者が多いのではないかという印象です。ちなみにぼくはほぼ日興です。

 

資金状況において例年と違うのは、これらの銘柄をほぼ8名義ずつ建てていること。さすがに資金管理がちょっとややこしくなってきています。ただ、3月は値がさ株がないので、細かな銘柄を数多く積み立てていく感じ。

予約中の銘柄

来週25日クロスに向けて予約した銘柄が下記。

17時の時点では、三越伊勢丹、オリックス、フジテックあたりが売り切れてしまい、あせりましたが、17:30くらいに大規模補充があって、狙ったものはだいたい確保できました。

 

敢えて言えば、昨年取れていたのに、今年取れていないものがいくつかあります。

  • アサックス
  • 日神不動産
  • 九州リースサービス
  • 東海運
  • 電算
  • コロワイド
  • ルネサンス
  • 日産東京販売HD
  •  高千穂交易
  • MUTOH HD
  • トリドールHD

など。なかには優待が廃止になったり、株価の変動で状況が変わったりというものもありますが、なかなかさみしい感じもします。

資金がいくらあっても足りない3月のモデルケース

3月は、利回りの高い銘柄が数多くあり、資金がいくらあっても足りないというのが実情です。では、いま建てている銘柄+予約した銘柄を、モデルケースとして、どのくらいの資金が必要で、どのくらいの利益が見込めるのか、見てみましょう。

 

まず建てる銘柄は下記の通りです。

  • 三越伊勢丹
  • シュッピン
  • グローセル
  • ワタミ
  • AOKIHD
  • JSP
  • 平河ヒューテック
  • カッパクリエイト
  • オリックス
  • フジテック
  • イエローハット
  • ユナイテッドアローズ
  • 大日塗料
  • 丸三証券
  • 立花エレ
  • 三菱ロジネクスト
  • ヨロズ
  • 菱電商事
  • TPR
  • シモジマ
  • 高松G
  • ゲオ
  • カナデン
  • みずほリース
  • 青山商事
  • 早稲田アカデミー
  • DNC
  • 安田倉庫
  • ウィン・パートナー
  • さくらインターネット
  • 四国銀行
  • eBASE
  • 東プレ
  • 第一興商
  • サンマルク
  • 共栄製鉄
  • ひろぎんHD
  • キムラユニティー
  • SBIHD
  • 帝国電機
  • 極東貿易
  • 日進工具

こちら42銘柄の獲得による優待評価額の合計は、8万4255円。一方で、本日全部クロスしたとして、かかるコスト(売買手数料や貸株料)は3023円(日興の場合)。差し引き、8万1232円の利益。

 

一方で、必要な資金は、736万1850円。単純利回りで、1.1%のリターンになります。一応、資金の拘束期間は14日間なので、年率に換算すると28.7%。ここまでうまく資金が回せることはありませんが、3月優待がいかに効率のいい運用なのかがよく分かります。

 

なお、今回は資金の許す限り制度信用も活用するつもり。というわけで、まだまだここから増やす予定です。

 

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com