FIer: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIerを実現しました。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家で、リバタリアン。ロジックとエビデンスを大事に、確率と不確実性を愛しています。

日興x三井住友銀行が金利1.0%定期預金をやっている

f:id:kuzyo:20220407180056p:plain

この春は、銀行系のキャンペーンがあんまりないなぁなんて思っていたのですが、三井住友銀行と日興証券が組んで、金利1.0%の定期預金のキャンペーンを行っていました。

その条件

これは、日興証券を通じて三井住友銀行の「日興支店」に口座を開設すると、初回限定で1.0%定期預金(1カ月もの)が申し込めるというものです。注意点は下記の通り。

  • 日興証券総合コースが対象
  • 金額は1000万円以上、5億円以下
  • 満期自動解約

最低金額が1000万円からということで、相手を限定しているキャンペーンなのが分かります。上限も5億円以下ということで、余裕資金があるなら1カ月置くのもありです。

 

ちなみに、これがどのくらいの利子になるかというと、下記のとおり1000万円で税引き後6549円です。1億円なら6万5400円くらいだし、5億円なら32万5000円くらいですね。

f:id:kuzyo:20220407181028j:plain

しかしこれは使えない……

金利1%は悪くない……と思いつつ、これは僕には利用できませんでした。ネックとなるのは、「総合コース対象」というところです。

 

日興証券のように対面大手は、これまでの対面型のコースとオンライン専用のコースを分けている場合が多いのです。そして、オンライン専用は手数料が安く(例えば日興だと信用取引手数料無料)、対面型は手数料が高い代わりに担当と会話できます。そして、「総合コース」というのはこの対面型のコースなのです。

f:id:kuzyo:20220407192107j:plain

そして、この2つはコース変更することも可能です。取引しなければ手数料の違いがあっても関係ないので、普段はダイレクトコースを使っている人も、1.0%金利のために総合コースに変えることも不可能ではありません。

 

ただし、再びダイレクトコースに戻すのには制約があります。

ダイレクトコースへの再変更の申し込みは、総合コースへの変更完了日から3カ月経過の応当日まで受付ができません。

というわけで、ここで一時的に総合コースに変えてしまうと、6月のクロスができなくなってしまいます。ぼくには、この1%定期は利用できないというわけです。

 

もちろん、日興証券を普段使っていなくて、余裕資金が1000万円以上ある人なら、1カ月もの1.0%定期は悪くないかもしれません。最もリスクが少なく、かつシンプルですものね。

 

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com