FIRE: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIREを実現しました。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家で、リバタリアン。ロジックとエビデンスを大事に、確率と不確実性を愛しています。

【図解】楽天ペイの還元率変更は改善か改悪か

楽天ペイの還元の仕組みが6月4日から変更になりました。これまで、楽天カードからのチャージで0.5%、楽天ペイでの支払いに1.0%還元されていたものが、楽天カードチャージはゼロ、楽天ペイは1.5%に変わったのです。合計は1.5%で変わりませんが、よく見るといろいろ注意点があります。

pay.rakuten.co.jp

何が変わったのか?

6月4日から何が変わったのか、まずは図で説明します。上が6月3日まで、下が6月4日以降です。楽天ペイ利用時の還元率は1.5%で変わりませんが、楽天カードで0.5%還元がなくなりました。

そのため、請求書払い(固定資産税などの地方税もeLQR経由で支払えます!)について、0.5%還元だったものが0%還元に改悪されたということを書いている記事もあります。

 

また細かなことですが、楽天ペイ利用時の1.5%還元は内部的には分解して還元されています。

  • コード・QR払いご利用分として100円(税込)につき1ポイント(1%)
  • 楽天キャッシュご利用分として200円(税込)につき1ポイント(0.5%)

つまり200円に満たない支払いの場合、還元率は0.5%減って1%になります。ここも豆知識です。

ヘビーユーザーにとっての楽天ペイ

ただし楽天ペイを使うのに、楽天カードからチャージするのはライトユーザーですね。ヘビーユーザーの場合は、他のサービスを経由してポイントの多重取りを行います。ぼくも下記の記事でその方法を紹介してきました。

www.kuzyofire.com

具体的には、下記のようなルートを経由することで、3%もの還元を受けた状態で楽天ペイにチャージできるのです。

  • 三井住友カード(2.0%)→JAL Pay(0.5%)→ANA Pay(0.5%)→楽天Edy→楽天キャッシュ→楽天ペイ

この場合、6月4日の還元方法変更はどう影響があるでしょうか。

まず楽天ペイをそのまま使う場合については、これまで4.0%還元だったものが、4.5%に還元率がアップします。はっきり言って改善です。これによって、楽天ペイは他のさまざまなコード決済と比べても、最も還元率の高い決済方法になりました。さらに楽天ポイントカードを提示することで楽天ポイントが貯まったりもするわけで、ベストプラクティスです。

 

地方税なども含めた請求書払いはどうでしょうか? こちらについては実は3%で変更はありません。また同じ還元率で楽天証券での楽天キャッシュ積立も行えるのですが、こちらの還元率にも影響はありません。

 

というわけで、今回の還元方式変更は全般に改善でした。唯一気になるのは、このチャージルートがいつまでも使えるわけはないよなということ。JAL PayからANA Payにチャージするというのも異様だし、どこかで制限が入るでしょう。そこまでにできるだけ楽天キャッシュにチャージしておきたいものです。

 

ちなみに楽天キャッシュの保有上限は、あるのかないのか規約を読んでもよく分かりませんでした。チャージは月間50万円が上限で、送付受取は月間100万円が上限。ただ出金については月間3000万円が上限だとしていて、貯める分にはいくらでも貯められるのかもしれません。

 

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com