投資でセミリタイアする九条日記

セミリタイアを実現したサラリーマン。ETF投資を中心に、太陽光投資や不動産投資、オプション、VIX、FX、CFDまで使って資産運用をしています。

ステータス/お得から探すクレジットカード

クレジットカード選びって難しい、という声をたまに聞きます。自分でよく調べずに、たまたま店頭でキャンペーンをやっていてオススメされたのでそのまま入会してしまったという人も多いようです。今回は、クレジットカードの特徴である、ステータス、お得から、どんなクレジットカードがオススメかを見ていきます。

 

ステータスならやっぱり金属カード

先日、クレジットカードはステータスになり得るかという記事を書きました。そこでも記したように、もはやクレジットカードはステータスの証明手段になり得ないし、そもそもクレジットカードでステータスを表現しようという人は逆にステータスが低いかもしれません。

f:id:kuzyo:20181203144816p:plain

ただ、昨今は面白いカードが出てきています。金属製です。通常のクレジットカードはプラスティック製ですが、メタル製なのです。

 

現在、ラグジュアリーカードとアメックスの一部が金属製のようです。下記のように最低でも年会費が5万円かかります。

  • ラグジュアリーカード チタン 年会費5万円
  • ラグジュアリーカード ブラック 年会費10万円
  • ラグジュアリーカード ゴールド 年会費20万円
  • アメックス プラチナ 年会費13万円
  • アメックス センチュリオン 年会費35万円

しかも、金属製がゆえにコンビニやガソリンスタンドの一部で利用できない場合もあるようです。でも、不便がどうであっても金属製というのはなかなかにすごいです。なにしろ机に置くと、キーンと音がするそうなのですから。

 

ステータスというか見栄というか、変わったものを持ちたい人にはオススメだと思います。

kuzyo.hatenablog.comお得なら目安は1%以上

クレジットカードのメリットのひとつは利用金額に応じてポイントが貯まることです。一般的な還元率は0.5%ですが、少なくとも1%以上還元されるカードを選びたいですね。

 

もうひとつ注意しておきたいのは、どのように還元されるかです。次回の支払い額に充当できるものもあれば、ポイントで還元されるものもあります。ポイントの場合、使い勝手がいいかどうかは要チェックです。

 

  • リクルートカード 1.2% pontaポイント(無料)
  • P-one wiz 1.5% 支払い充当1%+ポケットポイント0.5%(無料)
  • DCカード Jizile 1.5% DCポイント(無料)
  • REXカード 1.25% REXポイント(無料)

この3枚は、現在還元率が高いカードの筆頭です。

 

リクルートカードは、オールラウンドに還元される良カードです。電子マネーへのチャージは、月額3万円までならポイント対象となります。

kuzyo.hatenablog.com

P-one Wizカード、DCカード Jizile、REXカードは基本リボ払いだというのは注意が必要です。設定で全額払いに変えられるので、すぐに変更が必要です。リボ払いの利息はものすごく高いです。また電子マネーへのチャージには満額のポイントは付きません。

 

また、DCポイント(DCハッピープレゼントポイント)はpontaやTポイントなどメジャーなポイントに変換できません。1.5%率で変換できるのは、TOKYUポイントやビックカメラポイントといったショップ固有のポイントか、ギフトカードになるので注意が必要です。ポケットポイントは、Tポイントに交換できるので使い勝手がいいです。REXポイントはJデポという形で、次回の支払いに充当できます。こちらも使い勝手がいいです。

 

リクルートカードのポイントはリクルートポイントですが、pontaポイントにリアルタイム等価交換できます。実質的にpontaポイントです。pontaポイントはローソンで使えるのはいいのですが、意外と他に使えるところが少ないです。ガソリンスタンドもシェルですし。

 

ぼくの場合、既に新規受付停止しているリクルートカードプラス(2%)を愛用し、さらにリクルートカードも保持しています。

 

還元率が高いクレジットカードの場合、常時◯%というもののほかに、入会から◯カ月はプラス%とか、誕生日月は◯%とか、変動ポイントやボーナスポイント制度を取っているものも多くあります。うまく使えば便利ですが、常時高還元のほうが魅力的ですね。

kuzyo.hatenablog.com