投資でセミリタイアする九条日記

セミリタイアを実現したサラリーマン。ETF投資を中心に、太陽光投資や不動産投資、オプション、VIX、FX、CFDまで使って資産運用をしています。

ユーロドルFXアーブポジションが逆ザヤに

FX

もう少し粘れるかな? と思っていたユーロドルのFXアーブポジションですが、そろそろクローズしなければいけない状況です。FXプライムで買い、FXダイレクトで売りのポジションを取っていましたが、スワップ差が縮小し、19日付与時点では1万通貨あたり0.03ド…

米国株の時代は終わるのか?

いうまでもなく、ここ10年は米国株の時代でした。2008年のリーマン・ショックはあったものの、基本的に右肩上がりで株価は上昇し、再び史上最高値を試しています。この間、米国株に投資していた人は資産を2倍から3倍に増やしています。 ※S&P500の指数推移 み…

ROEとは実質的な金利である 書評『デフレの真犯人』

7年ほど前の本ですが、JPモルガンのストラテジストだった北野氏の『デフレの真犯人』を読みました。金融緩和を行っても景気が回復しないのは、企業にとってROE要望が実質的な「金利」として重しとなっているからだという論です。なぜROEが実質的な金利となる…

クレカの新規入会20%還元に騙されるな

最近各社が実施している「20%還元」ですが、「新規入会クレジットカードの場合」には要注意です。先日、三井住友カードは新規入会の場合に、9月2日から12月27日までの利用額の20%を還元すると発表しました。しかしここには落とし穴があります。 www.kuzyof…

登録制から免許制 パターナリズムとはなにか

ミルトン・フリードマンといえば、一般的にはマネタリズムの主張者として有名です。しかし、自由をこの上なく愛すリバタリアン界隈では、新自由主義の精神的支柱ともいえる人物でもあります。 そのフリードマンの著書『資本主義と自由』から、自由主義の敵で…

各証券会社の特徴 サクソバンクとネオモバイル マニアック編

前回の比較的メジャーな証券会社に続き、今回はマニアック編です。www.kuzyofire.com とにかく取り扱い銘柄が多いサクソバンク証券 端株で圧倒的優位 ネオモバイル証券 とにかく取り扱い銘柄が多いサクソバンク証券 知名度が低いサクソバンク証券ですが、と…

金地金(ゴールド)はどこがお得か? スプレッドを比較する

あと2週間で消費増税です。キャッシュレス還元が話題ですが、今回はあまり駆け込み需要はないようですね。でも、ぼく自身は駆け込みで買っておこうかと思っているものがあります。金(ゴールド)です。 売買に消費税がかかる金 2%儲かるかというと、まず500…

プットコールパリティを図解化してみる

自分の中で久々にオプションが盛り上がってきました。そこで、いくつか調べた中から、「プットコールパリティ」についてまとめておきます。 パリティ=等価 プレミアムに関するプットコールパリティ どう覚えるか? プットコールパリティの使い方 パリティ=…

ユーロドルFXアーブが黒字に FXダイレクトはスワップ付与タイミングに注意

FX

ユーロドルのFXアーブポジションが、無事に黒字化しました。その過程で、スワップ付与タイミングの違いに悩まされました。www.kuzyofire.com 為替のスプレッドコストは、約1pips 実際は7日でスワップ益は1.44ドル FXダイレクトのスワップ付与は夕方だった FX…

Tesla株を全額売却 利益は+40%ほど

Tesla株を売却しました。172ドルで購入したのが3年半前の16年2月。売却価格は244.8ドルです。単純増加率でいうと、+41%ですが、年率複利で計算すると10.3%の利益でした。 期待と現実の狭間で Model 3の期待で買い、事実で売るべきだったか? グロースから…

ロンパチ、ロンフィク FXの時間帯 書評『ロンドンFX』

FX関係の書籍というと、チャートを見てどこが買いのタイミングだとかそういうものが多くて敬遠していたのですが、ふと手に取った『ロンドンFX』が濃い内容のいい本でした。 松崎美子のロンドンFX (金融の聖地で30年暮らしてわかった 日本人が知らない為替の…

9月の還元は、d払い、JCB QUICPay、新規三井住友カード

増税まで1ヶ月を切りました。各社が追い込み施策を出すとともに、10月からの改悪もあります。Kyashはこれまでの2%還元を1%還元に改悪、PayPayも基本3%還元を1.5%還元に減らすなど、キャンペーンを打つとともに、基本還元率を減らすところも出てきています…

投資と投機の違いは、インカムゲインかキャピタルゲインかにある

投資と投機の違いはいろいろなところで語られます。僕もこれまで、投資と投機、そしてギャンブルの違いについて何度か書いてきました。 www.kuzyofire.com 短期でも長期でも投機は投機 将来売却できる投資は、投機の意味合いを持つ インカムが背景にないキャ…

7つの個人投資家の強み

機関投資家はプロの集団、個人投資家は素人。そんなふうに思っている人が多いと思います。知識やテクニックでいえば、そのとおり。でも、個人投資家のほうが強みとなることはけっこうあります。 多彩な投資手段を利用できる 四半期ごとに成果を出さなくてい…

各証券会社の特徴 IPO、優待、米国株などに向くのは?

さまざまな投資手法に手を広げたせいで、日常的に使う証券会社がすごい数になってきました。それぞれを使う中で、見えてきた特徴をまとめておきます。 楽天グループ連携に強み 楽天証券 IPOに強み。最大手の貫禄 SBI証券 信用取引&IPO&債券 SMBC日興証券 …