投資でセミリタイアする九条日記

セミリタイアを実現したサラリーマン。ETF投資を中心に、太陽光投資や不動産投資、オプション、VIX、FX、CFDまで使って資産運用をしています。

NISAのロールオーバーの選択肢

12月に入り、NISAのロールオーバーの期限が迫ってきました。さて、こちらロールオーバーするべきかどうか。 5年経過でロールオーバーを選べるNISA 2015年分の運用成績 ロールオーバーするかどうかの基本的な考え方 今回のロールオーバーの結論 5年経過でロー…

コメダ珈琲優待で隠れ優待を取り損ねる

8月末銘柄のコメダ珈琲から優待がやってきました。1000円の電子カードです。ところが、こちら、追加でもらえるはずの500円分のチャージを取りそこねてしまいました。 www.kuzyofire.com コメダ珈琲のコメカカード 複数カードの合算も 議決権行使で+500円だ…

弊害も auカブコムもマネックスも信用手数料無料に

信用取引について手数料無料化の大きな波がやってきました。2日に無料化を発表したauカブコム証券に続き、マネックス証券も全額キャッシュバックを発表。「3年以内」の株式取引手数料無料化を宣言したSBIに、先手をとった形です。 実質的に現物株取引の無料…

2019年11月の成績とポートフォリオ公開

11月終わり、恒例の成績とポートフォリオ公開です。米国株は過去最高値を更新し、日経平均も年初来高値を更新した一ヶ月でした。 全体は+1.65% 株高続く 11月の売買 インデックス +2.17% グロース +4.1% オルタナティブセグメント リアルアセットセグメン…

法人都民税をクレカで払うための一工夫

現在持っている資産管理法人は太陽光事業の箱です。まだ太陽光は稼働していないので、当然売上はゼロ。しかしコストはいろいろとかかっているので赤字です。赤字でも払わなければいけないのが、均等割の都民税です。 2社目の決算を終えて、この均等割の支払…

幸せな働き方のための、働き方5形態

新卒で大企業にうまく入社し、そこから定年まで大過なくすごす。豊富な福利厚生を享受しながら、住宅ローンもしっかり借りて自宅を購入。退職金をもらい、ローン返済を終えた自宅で老後をすごす。厚生年金がしっかり確定給付で支払われる……。そんな昭和的な…

GMOクリックの手数料還元株主優待がやっと適用に

10月に登録したGMOの株主優待ですが、やっと登録完了という連絡が来ました。 www.kuzyofire.com 期間は10月1日から3月31日 11月27日に届いたメールは次の通りです。 現物と信用の手数料が計算されて、2020年4月以降に集計、5月にキャッシュバックされるとい…

なぜ自分には「上がる銘柄が当てられる」と思うのか

先日、証券会社に務める知人と話していたら、「インデックスの投資信託やETFを買って5年放っておいて20%上がって喜ぶんじゃなくて、企業の分析情報を見て、ちゃんと投資したいじゃないですか」なんてことを言っていました。 投資はギャンブルか資産運用か …

11月末優待クロスの権利付き最終日 クロス作成

11月27日、つまり末日優待銘柄の権利付き最終日です。本日から明日にかけて株式を保有すれば、優待の権利を取得できるわけです。そんなわけで、忘れずにクロスポジションを作りました。 11月クロス銘柄 12月クロス銘柄 11月クロス銘柄 結局、11月のクロス銘…

セミリタイア可能な資産を作る投資法 F.I.R.E.に向けて(3)

セミリタイア入門編も第3弾です。前回、前々回で、セミリタイアの魅力、そして必要な資産規模の見積もり方をまとめました。今回は、そのための資産の作り方を検討します。 必要な資産規模のおさらい コツコツ積み立てる王道の場合 実際には計算はもっとやや…

まもなく年末 経費を法人と個人のどれにつけるか?

まもなく2019年が終わります。となると、誰もが1年間の収入と経費を申告する確定申告の、計算月もあと1カ月なわけです。そろそろ、どの経費をどこにつけるのか、パズルに頭を悩まさせなくてはなりません。 個人の経費か法人の経費か 税率で考える いつ税金を…

太陽光の「先端設備導入計画」木更津にて一基完了

太陽光には税制優遇措置がいくつかありますが、その1つ「先端設備等導入計画」による、「生産性向上の特措法」が、一基分完了しました。 未稼働案件で、最初の3年の償却資産税がゼロに 申請はけっこうやっかい 市区町村は太陽光への税制優遇措置を厳しくして…

日興の優待クロスは、いったんクロスを解消すればコストが節約できる

信用売りと現物買いを組み合わせて、ノーリスクで株主優待を獲得する優待クロス。けっこう頑張ってこれに取り組んでいるのですが、日興証券の登場でけっこうテクニックが変わってきました。 優待クロスを完成させたのにまだ在庫がある 日興の信用売システム…

つみたてNISAが延長 ただしNISAの欠点に注意

つみたてNISAが延長になるようです。非課税期間は2037年が最後でしたが、37年の開始でも、それから20年間非課税積み立てになるとか。 www.nikkei.com それでも最大非課税対象は800万円 NISAの欠点 それでも最大非課税対象は800万円 つみたてNISAは年間最大40…

こんな投資はしてはいけない(1)外貨預金

世の中にはいろんな投資商品がありますが、気になるのは「営業担当がオススメしてくる商品はひどい商品」なことがほとんどだということです。金融庁は「顧客本位の業務運営」を求め、各金融業者も「フィデューシャリー・デューティー」と言っていますが、未…