FIRE: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIREを実現しました。投資歴20年以上。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家。ロジックとエビデンスを大事に、運と不確実性を愛しています。

アセットアロケーション

投資のリスクとパフォーマンスを決定するアセットアロケーションについての考え方と実践

レイ・ダリオのオールウェザーPFはコロナショックを乗り切ったか?

世界最大のヘッジファンド、レイ・ダリオのブリッジウォーターには、2つの目玉ファンドがあります。アクティブ運用の「ピュアアルファ」、そしてリスク・パリティの「オールウェザー」です。複雑なピュアアルファに対して、ポートフォリオのアセットバランス…

2020年8月の成績とポートフォリオ公開 年初来+6.5%

米国株の上昇が止まりません。それを受けて8月も順調に資産が増加しました。7月に続き増加で、年初来のプラスは6.5%に達しました。 www.kuzyofire.com 全体は月次で+4.7% セグメント別リターン 株式セグメント +8.25% 債券セグメント +1.4% リアルアセット …

2020年7月の成績とポートフォリオ公開 年初来プラスへ

コロナショック後のリバウンドはまだまだ不思議な感じで進んでいます。7月のトピックは、止まらないGAFAの株価上昇と、金とクリプトの上昇ですね。これらの恩恵を受けて、総資産はやっと年初来プラスへ転換しました。 www.kuzyofire.com 全体は月次で+4.4% …

攻撃的な長期国債ETF TLTとEDV、TMFを比較

債券、特に米国債といえば「安定」「低パフォーマンス」のイメージが強いかもしれません。短期国債(SHY)やモーゲージ債(MBB)、またそれらの組み合わせの総合債券(AGG/BND)についていえば、そのとおり。ただし、もっと攻撃的な債券もあります。米国の…

2020年6月の成績とポートフォリオ公開

下がったり上がったり忙しい相場環境ですが、6月は比較的落ち着いた一ヶ月でした。何があったかといえば、そこそこの配当が入ってきたことと、1年でも有数の優待クロスの山場があり、また3月に獲得した優待が連日のように届いています。では資産状況をチェッ…

2020年5月の成績とポートフォリオ公開

5月は引き続き、株価が戻ってきています。先日の記事でも書いたように、実体経済はまだまだ傷んでいますが、各国政府はなりふり構わず金融緩和に動いており、もはやバブル状態です。では資産はどう変化したでしょうか? www.kuzyofire.com 全体は+3.4% 下げ…

インデックス投資で考えるべき3つのこと

ぼくが投資を始めたころは、まだインデックス投資は市民権を得ておらず、知る人ぞ知る投資法でした。でもいまや、インデックス投資は、手法の一つとして定着してきています。ただし、一口に「インデックス投資」といっても、そこにはバリエーションがあり、…

2020年4月の成績とポートフォリオ公開 そこそこの戻し

4月に入り、株価がかなり戻りました。コロナ感染は特に日本では収まっておらず、海外でもロックダウンこそ終了の兆しはありますが、実体経済の再起動はまだこれからです。にも関わらず、株価だけが戻るというのもコワイ感じですが、どのくらい戻ったでしょう…

株式時価総額加重平均は市場ポートフォリオか? CAPMの課題

いろんな資産を分散して持てば、リターンは落とさずにリスクだけを減らすことができます。複数の資産を分散させて持つということで、一般にポートフォリオ理論といいます。このポートフォリオ理論の中で、最もシンプルな最適解を提示したのが、ウイリアム・…

2020年3月の成績とポートフォリオ公開 コロナショックで資産はどうなった?

2020年3月は、2月を暴落というのがはばかられるほど本格的に暴落した月でした。先月は「新型コロナウイルス騒動」と書きましたが、3月は完全に「コロナショック」です。さて、資産はどのくらい減って、パフォーマンスはどのくらい悪かったのでしょうか? www…

2020年2月の成績とポートフォリオ公開 暴落後

2020年2月は、新型コロナウイルス騒動で大暴落のあった月でした。損切りや買い増しなどいろいろな思いも心をよぎりましたが、実はメイン資産の売買はまだ何もしていません。さて、どのくらいの影響があったのか、確認してみましょう。 www.kuzyofire.com 全…

2020年1月の成績とポートフォリオ公開

2020年から、これまでと戦略を変更して、5セグメントでの運用に切り替えています。このところ、コロナウイルス騒動があって不穏な市場ですが、最初の1ヶ月目の成績とポートフォリオを振り返ってみます。 www.kuzyofire.com 全体はまさかの+0.9% まずは資産…

なぜアセットアロケーションが重要なのか FIREに向けて(5)

前回まで、FIREに向けて必要な資産額はどのくらいで、どんな方針で運用すればいいのかを確認してきました。6%運用を長期的に実現するには、株式インデックスに投資すればいい、ということも過去のエビデンスからまとめました。 今回は、その効率性、確実性…

アルファ(α)から、リスクプレミアム+アノマリーのファクター投資へ

資産運用、特にアセットアロケーションの文脈でよく出てくるのが「アルファ(α)」です。これは市場平均(ベータ、β)に対して、それを上回る超過の収益を指す言葉です。 www.kuzyofire.com それはアルファなのか、単なるリスクプレミアムなのか アクティブ…

リアルアセットセグメント:2020年の運用方針

2020年から、資産の運用を5つのセグメントに分けて把握していきます。株式セグメント、債券セグメント、ヘッジセグメント、オルタナティブセグメント、リアルアセットです。最後は、投資というよりも事業に近い、リアルアセットセグメントの運用方針について…

オルタナティブセグメント:2020年の運用方針

2020年から、資産の運用を5つのセグメントに分けて把握していきます。株式セグメント、債券セグメント、ヘッジセグメント、オルタナティブセグメント、リアルアセットです。今回は最もユニークなオルタナティブセグメントの運用方針について、記載しておこう…

ヘッジセグメント:2020年の運用方針

2020年から、資産の運用を5つのセグメントに分けて把握していきます。株式セグメント、債券セグメント、ヘッジセグメント、オルタナティブセグメント、リアルアセットです。続いてヘッジセグメントの運用方針について、記載しておこうと思います。 www.kuzyo…

債券セグメント:2020年の運用方針

2020年から、資産の運用を5つのセグメントに分けて把握していきます。株式セグメント、債券セグメント、ヘッジセグメント、オルタナティブセグメント、リアルアセットです。続いて債券セグメントの運用方針について、記載しておこうと思います。 目的および…

株式セグメント:2020年の運用方針

2020年から、資産の運用を5つのセグメントに分けて把握していきます。株式セグメント、債券セグメント、ヘッジセグメント、オルタナティブセグメント、リアルアセットです。まずは株式セグメントの運用方針について、記載しておこうと思います。 www.kuzyofi…

2019年12月の成績とポートフォリオ公開 年間リターンは12%

2019年が終わりましたので、12月の成績とポートフォリオ状態を確認するとともに、この1年間の成績も振り返ってみます。 全体は+1.4% YTDでは+12.3% 12月の売買 インデックス +1.1% グロース +1.4% オルタナティブセグメント リアルアセットは金上昇 アセッ…

2020年の投資戦略 5セグメントに再編

2020年が始まりました。19年は、インデックス、グロース、オルタナティブ、リアルアセットの4セグメントで運用方針を決めてやってきました。ただし、グロースセグメント比率を大きく減らしたのと、金のようなほかと性格の違う資産を購入したこと、優待クロス…

2019年11月の成績とポートフォリオ公開

11月終わり、恒例の成績とポートフォリオ公開です。米国株は過去最高値を更新し、日経平均も年初来高値を更新した一ヶ月でした。 全体は+1.65% 株高続く 11月の売買 インデックス +2.17% グロース +4.1% オルタナティブセグメント リアルアセットセグメン…

レイ・ダリオのオールウェザーポートフォリオを検討する

個人投資家向けのベンチマークを検討する中で、改めて価値を再認識したのがレイ・ダリオのオールウェザーポートフォリオ(All Weather)です。「全天候型」の名の通り、経済状況によらず安定したパフォーマンスを見せるのが特徴です。どんなポートフォリオで…

2019年10月の成績とポートフォリオ公開

10月が終わりました。毎月恒例のポートフォリオ公開です。S&P500は史上最高値を更新し、J-REITも過去最高に近づくなど、一見株式市場は好調なように見えますが、とにかく景気後退懸念がチラツキます。新たに株式を買う気になれず、FXアーブのポジションやVIX…

2019年9月の成績とポートフォリオ公開

9月が終わりましたので、恒例のポートフォリオ公開です。この月も、印象としては優待クロスでした。まだ9月末優待ポジションの資金が戻ってきていないので、一部オルタナティブ扱いになっているものがありますが、いぁやよくクロスをやりました。 また、つい…

米国株の時代は終わるのか?

いうまでもなく、ここ10年は米国株の時代でした。2008年のリーマン・ショックはあったものの、基本的に右肩上がりで株価は上昇し、再び史上最高値を試しています。この間、米国株に投資していた人は資産を2倍から3倍に増やしています。 ※S&P500の指数推移 み…

2019年8月の成績とポートフォリオ公開

8月が終わりました。恒例のポートフォリオ公開です。この月の印象は、ひたすら優待クロスに精を出した月です。為替変動もありましたし、トランプ砲に右往左往した相場でしたが、それに一喜一憂することなく、ひたすらクロス、クロス、クロスという感じでした…

資産の運用目論見書を作ってファンドマネージャーの気分に

2019年からポートフォリオを4つのセグメントに分けて管理することにしています。下記のとおり、それぞれのセグメントについて、運用方針を改めて書き出してみています。 インデックスセグメント:2019年運用方針の目論見書 グロースセグメント:2019年運用方…

2019年7月の成績とポートフォリオ公開

7月が終わったかと思えば、FOMC(8月1日)の想定よりタカ派発言で米国株は下落、さらにトランプ大統領の対中国の制裁関税第4弾の話も出て、市場は大混乱です。為替も、109円台から一気に106円台まで円高が進みました。 さてそうした背景の中、どうだったので…

2019年6月の成績とポートフォリオ公開

6月が終わりました。毎月恒例の月間成績とアセットアロケーション状況です。6月はイメージとしては好調、株高、債券高でした。 全体+2.6% 6月の売買 インデックスセグメント+5.2% グロースセグメント +10.3% オルタナティブセグメント FXポジション増大 リ…