FIer: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIerを実現しました。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家で、リバタリアン。ロジックとエビデンスを大事に、確率と不確実性を愛しています。

仮想通貨(クリプト)

トレードで儲けるのではなく、バイ&ホールドを中心とした仮想通貨(クリプト)投資

ステーブルコインの3つの実現方法と、国際金融のトリレンマ

仮想通貨界隈で最近話題なのはステーブルコインUSTの崩壊です。USTの裏付け資産であるLUNAは文字通り100%下落し、Binanceなどで上場が廃止されました。時価総額4兆円が文字通り一夜にして吹き飛んだわけですが、これはステーブルコインの宿命なのでしょうか…

ビットコイン、もとい仮想通貨が全部暴落

いやぁ、仮想通貨の全面安がすごいですね。ビットコイン自体はジリジリと値を下げていて、直近の安値は実に331万円。昨年の安値を割り込みました。1年間では41%の下落、最高値だった735万円に対しては55%の下落です。 アルトコインは全面安 USTとLUNAの壊…

ステーブルコインのレンディング比較 BlockFi、NEXO、FTX

3月の優待クロスが終わり、6月までは閑散期です。あと2カ月程度、資金をどう運用しようか? と考えた時に、非常にリターンが大きいのがステーブルコインのレンディングです。主要どころの状況と、方法を計算してみました。 ステーブルコインのレンディングと…

NEXOレンディングの利息、NEXOトークンを一部売却

保有する仮想通貨のほとんどは、現在レンディングサービスのNEXOで貸し出しをしています。いくつか条件をクリアすると5%程度の利息がもらえるのですが、利率アップのために、利息はNEXOトークンでもらう設定です。これを一部売却しました。 NEXOトークンと…

Web3 サーバとローカル、または信頼とトラストレスの振り子

このところ、クラウドが花盛りです。いまや、個人も企業もサーバにデータを保管するのが当たり前だと受け止めるようになっています。でも、これは一時的なことの可能性が高いのではないでしょうか。コンピュータの始まりから、サーバとローカルは行ったり来…

NFTが分からない ゲーム(メタバース)、アート、資産管理

ブロックチェーン技術を使った最新のプロダクトといえば、NFTです。イーサリアムブラックチェーンの上で登場したこの技術は、またたくまに多くに事業家の心を捉えたようで、国内でもさまざまな企業がNFTに参入したり、また関心を持っています。 でも、やっぱ…

2021年の投資を振り返る 仮想通貨編

昨日の「2021年の投資を振り返る 株式編」に続き、この1年の仮想通貨について振り返ってみたいと思います。 各仮想通貨の上昇率 仮想通貨の質が変化した トレンドはNFT 2022年の仮想通貨 各仮想通貨の上昇率 上昇率でいえば2020年には敵わないものの、乱高下…

ビットコインに所有権はあるのか

民法をちょっと調べると、面白いことが分かります。ビットコインには所有権は発生せず、「ぼくのビットコイン」といっても非常に曖昧な領域にあるのです。どういうことでしょうか。 デジタルデータに所有権はない ビットコインに関する権利 ビットコインを盗…

SBIの暗号資産ファンドが残念な理由

SBIが国内初となる暗号資産ファンドの一般販売を始めます。ついに日本でも!と期待した人も多いかと思いますが、中身をよく見るとがっかりだったのではないでしょうか。 SBI「暗号資産ファンド」 期待したことと期待外れだったこと なぜこうなった? ファン…

ビットコイン暴落? 20%超の下げ

12月4日、ビットコインが突如急落しました。3日までは650万円前後で推移していたものが、日が変わるとまさに坂を転げ落ちるように急落し、一時508万円に。実に20%を超える急落です。 久しぶりの急落 アルトコインも厳しいが…… 原因は不明。新手の仕手か? 久…

ポイントじゃなくビットコインで還元されるbitFlyerクレカ

仮想通貨取引所のbitFlyerが「bitFlyerクレカ」の発行を開始しました。これは、利用額の0.5%〜2.5%が、ポイントではなくビットコインで還元されるというもの。考えてみれば、なかなか面白い仕組みです。 bitFlyer クレカ 年会費無料のスタンダードと年間150…

ほとんどの仮想通貨をNEXOでレンディング

仮想通貨の世界は面白いもので、保有していることで値上がり益を狙えるだけでなく、それを貸し出すことで利息も得ることができます。しかも、このジャンルはまさにいま勃興しつつあるところで、各社がキャンペーン的に預金(?)獲得に動いています。少しで…

ビットコイン700万円突破 お金のインターネットだと言われる訳

ビットコインが日本円で、一時700万円を突破しました。仮想通貨には終値がないので、過去最高値更新かといわれるとちょっと微妙ではありますが、ほぼ最高値更新に近いところにあるのは間違いありません。ちょうど1年前は121万円であり、年間リターンは578%…

ビットコインとチューリップの違い

ビットコインが600万円を超え、4月に付けた過去最高値の700万円に近づいています。9月の中国による仮想通貨禁止の際には10%近く一気に下落して、再び暴落基調か? とも思われましたが、その後のFRBの「仮想通貨を禁止するつもりない」という発言の安心感か…

仮想通貨が世界規模のアイデンティティ分断をもたらす 『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』

米国政治シーンでは「分断」という言葉がよく使われます。白人と黒人、低所得者と高所得者などなど、2つのカテゴリーに物事を分けた対立構造を示す表現です。ところが、日本の政治にも課題はたくさんありますが、あまり「分断」が言われません。これをもって…

仮想通貨レンディング先をNEXOへ移管 金利8%狙う

9月7日のエルサルバドルのビットコイン法定通貨化を巡って、価格が乱高下しました。9月7日に向けてビットコイン価格は570万円まで上昇したものの、7日の法定通貨化に伴いウォレットにトラブルが発生したこともあり、一気に510万円台までの下落となりました。…

ステーブルコインAPY7.5%を求めて Binance流動性スワップの結果とBlockFi

春からBinance流動性スワップにいくつかの通貨ペアを流動性供給してきましたが、ボーナスタイムは終了したようで、かなり利回り(APY)が下がってしまいました。そこで、新たな運用先としてBlockFiへ。現在、ステーブルコインなら7.5%のAPYが提供されていま…

仮想通貨バブルは史上最大のバブル:『ウォール街のランダムウォーカー』12版再読 第四章

『ウォール街のランダムウォーカー』の12版第4章は、21世紀のバブルについて。ドットコムバブルからリーマンショックにつながる米国不動産バブルについて触れているのですが、12版ならではの記載はやはり、ビットコインバブルです。 ウォール街のランダム・…

ビットコインとイーサリアムの違いは金と銅 日経ヴェリタス6月20日号掲載

もう一カ月経ってしまっていますが、日経ヴェリタス6月20日号に、取材いただいた内容が掲載になりました。「放電塔」コーナーの「仮想通貨 ダブルセンター時代」の中に、コメントが紹介されました。 ビットコインとイーサリアムへのコメント 金と銅 イーサリ…

9億円超を瞬時に集めたコインチェックIEOのリスク

コインチェックが国内で初めてIEOを実施し、売り出すパレットトークンは大人気です。申込受付開始から6分で、総額9億3150万円以上の申し込みがあり、割り当ては抽選になりました。 しかし多くの人は、IEOのリスクについてあまり考えていないようです。今回は…

DAO、新たな企業の形 ビットコインのポテンシャル(3)

ビットコインの本質的な価値、可能性の考察として、第1回は「デジタルゴールド」、第2回は「マネーのインターネット」説を見てきました。第3回は、これまでで最もラディカルな形、仮想通貨が「組織のあり方を作り替える」という話です。 仮想通貨は単なるマ…

ビットコイン法定通貨化の流れは広がるか?

いやはや驚きました。中米エルサルバドルでビットコインの法定通貨化が可決されたことです。これによって、ビットコインは国が認める通貨となったわけです。 なぜビットコインを法定通貨にしたのか 自国通貨を持たない国にとって仮想通貨は選択肢 もう一つの…

初めて仮想通貨投資する人は何から始めたらいいのか?

17年に次ぐ第2次仮想通貨ブームの様相から、一気に下落した2021年。これから仮想通貨に投資してみたいという人も、そこそこいると思います。そこで、じゃあ初めて仮想通貨投資する人は、何に気をつけて、何から始めたらいいのか? を考えてみたいと思います…

ワールドコンピュータ、Ethereum ポートフォリオ紹介(11) 

不定期連載のポートフォリオ紹介の11番目は、仮想通貨の中でもBitcoinとは異なる意味で期待しているEthereumです。Bitcoinが世の中のお金のあり方を革新する存在ならば、Ethereumはコンピューティングそのものを革新するのかもしれない。そんなふうに思って…

700万円から大暴落したBitcoin これまでとこれから

Bitcoinの暴落がすごいですね。「このまま1000万まで行く」と言っていた人たちも、「下がったときが買い時」と言っていた人たちも、最高値から50%も下落するとさすがに声が小さくなってきているようです。総悲観状態? という感じでしょうか。 希望から急速…

広告閲覧で仮想通貨BATがもらえるBraveブラウザ 1000円キャンペーンも

bitFlyerがかねてから告知していたBraveブラウザ向けのウォレット開発、提供を開始しました。これにより、Braveブラウザで広告を閲覧すると仮想通貨BATが付与され、bitFlyerで売却できるようになります。 広告を見るたびに50円程度 ウォレット設定の方法 Bra…

Binance流動性供給のリスクとリターン

このところ浮いた資金を何に使おうかな? と考えていると、やっぱり流動性マイニングが頭に浮かびます。仮想通貨の分散型取引所(DEX)に、手持ちの仮想通貨を預ける(ロックする)ことで、そこそこの利回りを得る手法です。今回は、そのリスクとリターンに…

マネーのインターネット ビットコインのポテンシャル(2)

全開、ビットコインのポテンシャルとして「デジタルゴールド説」について考えてみました。今回は2つ目の説、「マネーのインターネット」説について。 情報のプラットフォームであるインターネット ビットコインの誕生 セキュリティトークン レイヤー インタ…

デジタルゴールド? ビットコインのポテンシャル(1)

Bitcoinが先日、日本円で700万円を超えました。その後急落し500万円を切るかと思われましたが、JPモルガンがファンド準備などの報道で再び上昇。現在は630万円まで戻しています。直近1年間の上昇率は+511%。時価総額1兆ドル規模の資産としては、ここまで上…

Binanceの流動性スワップで17%利回りを獲得してみる

前回は、DeFiで一躍隆盛した流動性マイニングについて書きました。しかし現在、流動性マイニングには一つの課題があります。これはEthereumのブロックチェーン上で動くプログラムであり、プログラムの実行にはEthereumのネットワーク手数料であるGAS代を支払…