FIRE: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIREを実現しました。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家で、リバタリアン。ロジックとエビデンスを大事に、確率と不確実性を愛しています。

仮想通貨(クリプト)

トレードで儲けるのではなく、バイ&ホールドを中心とした仮想通貨(クリプト)投資

初めての仮想通貨 何を買う? どこで買う?

ビットコインが750万円を超えてきました770万円を突破しました。ドル建てだと5万ドル突破。いずれも最高値まではまだ遠いものの、4月に見込まれる半減期に向けてぐんぐん上昇が期待されます。そんな中、「ビットコインを買いたい!」という声をちらほら聞く…

ビットコインの予言の書 書評『ビットコインスタンダード』

『ビットコイン・スタンダード』という本があります。仮想通貨の人というより、古典派経済学(いわゆるオーストリア学派)の経済学者、サイファディーン・アモウズ氏が執筆した本です。 ビットコイン・スタンダード 作者:S・アモウズ ミネルヴァ書房 Amazon …

祝!ビットコインETF承認

2024年はビットコインフィーバーの年になりそうです。長年拒否されてきたビットコインETFを、SECがついに承認しました。噂で買って事実で売る、といいますが、大きな下落もなく、ビットコインETFが上り調子でのスタートです。 SEC、ビットコインETFをついに…

ビットコイン650万円タッチ 半減期に向けた上昇トレンドとアルトコイン

ビットコインが好調です。12月6日には一時650万円をつけました。年初は217万円であり、+196%。約3倍になっています。21年11月に付けた高値は733万円。その更新も視野に入ってきました。 ぐんぐん上場するビットコイン 目指すは来年2024年春の半減期 ビット…

小規模企業共済でビットコインの税金をなくす 完全FIREへの道(13)

経済的に自立(FI)した上で、退職に限定せず好きな仕事で働く(RE)ことがFIREだと思っていますが、今回サラリーマンも退職し、世間的な意味で完全FIREすることにしました。 FIER後の税金対策として、下記のように収入の箱を4つに分けて、そのそれぞれで控…

イーサリアム急騰 ブラックロックETF申請期待で

11月10日にイーサリアムが11%近い急騰を見せました。日本円で価格は31万7000円程度となっており、年初来99.3%の上昇。今年大きく上昇したビットコインを追って、2023年はクリプトの年になりそうです。 イーサリアムETF申請期待がきっかけ 22年5月以来の高値…

ビットコイン500万円超え PFに仮想通貨を組み込む意味

本日10月24日、ビットコインの価格が急上昇し日本円で500万円を超えました。2022年4月ぶりです。年初からの上昇率は+132%。株式が不調な中、素晴らしい上昇を見せてくれました。 ビットコインETF承認期待が後押し 年初から+132% 仮想通貨をポートフォリオ…

SBI VCトレードに預けたETHから2.8%の自動ステーキング入金

本日、SBI VCトレードにおいてあるEthereumからステーキング報酬が入庫となりました。9月分の実績は手数料控除後で2.8%(年率)。月間に換算すると0.233%、1000万円分のEthereumならこの1ヶ月で2万3300円が得られた形です。 今日はこのステーキングについて…

ビットコイン現物ETFに振り回されるクリプト市場

年初来で73%上昇しているビットコイン(BTC)ですが、そのボラティリティも激しいものです。直近一ヶ月は特に激しく乱高下しました。いまなにがBTC、ひいてはクリプトの価格を動かしているのかというと、どうやら現物ETFのようです。 絶好調ビットコイン ビ…

「金融庁に登録ありますか?」は万能じゃない

昨今金融詐欺が多発していて、お年寄りやお金持ち狙いではなく、若い学生に借金をさせて投資させ、そのままとんずらという詐欺が増加しているようです。学生でも100万円くらいは借金ができるので、それを奪おうと。成人年齢が18歳に下がり、親の了承なしで借…

ブラックロックがビットコイン現物ETFを申請 先物ETFと何が違うのか?

6月15日に米資産運用最大手のブラックロックが、ビットコイン現物ETFの承認申請を米証券取引委員会(SEC)に提出しました。ビットコイン現物ETFは、これまで数多くの運用会社が申請していますが、いずれも認可が降りていません。一方、ブラックロックの過去…

金価格が過去最高9115円、ビットコインも360万突破 金融危機で光り輝くか?

シリコンバレー銀行(SVB)破綻の報が流れた10日から、安全資産にお金が動いています。金価格は過去最高の1グラムあたり9115円となりました。ビットコインも連日上昇し、2万7000ドル、日本円だと360万円を超えてきました。金利も株式も変動が大きい中、ビッ…

シリコンバレー銀行破綻の原因とメカニズム USDCにも波及

3月10日、シリコンバレー銀行の破綻が衝撃を呼びました。何が起こって、どこに影響があるのでしょうか。 何が起こったのか 長短金利差で儲ける銀行のビジネスモデル これからどうなる? ステーブルコインに波及も 何が起こったのか シリコンバレー銀行の破綻…

年初来50%上昇したビットコインの今

このところネガティブなニュースばっかりでしたが、ガンガンに上昇しているのがビットコインです。年初来、ドル建てで48%、円建てで51%上昇しており、ほかの各資産に対しても好調です。 年初来50%上昇 このところのニュース 話題もないけど問題も出尽くし…

価格ゼロになった仮想通貨にも「価値」がある FTX破綻の貸倒損失もお忘れなく

世の中には面白いビジネスもあるものです。「無価値になった仮想通貨を、有料で引き取る」というサービスです。これはどのようなものでしょうか。 不要な通貨を0円売却して損失を出す FTX破綻の損失もお忘れなく 不要な通貨を0円売却して損失を出す 世の中に…

FTX破綻? 一強Binanceの強さ

世界トップの仮想通貨取引所がBinanceなのは揺るがないとして、ここ数年で一気に躍進した取引所FTXが破綻の危機にあります。何が起きたのか、そしてどうなってしまうのでしょうか? 経緯 Twitterや報道から ここにいたるちょっと前 仮想通貨暴落? 経緯 Twit…

年末に向けてやっておく税金対策:雑所得 仮想通貨の益出し編 

10月も間もなく終わり。となると考えなくてはいけないのは12月末で締めることになる個人の税金です。年内にコントロールする税金について、前回のふるさと納税に続き、今回は仮想通貨について。 確定申告は1月から12月 仮想通貨は「雑所得」である 最初に経…

イーサリアム最大のアップデートThe Mergeと、ハードフォークETHPoWトークンをノーリスクで得る方法

時価総額第2位の仮想通貨、Ethereumが大きな節目を迎えようとしています。長い時間をかけて進められてきたPoSへの移行、通称The Mergeが9月19日前後に行われる予定です。これによって、大量の電力と機器を必要としたマイニングを必要とするPoWから、保有だけ…

Web3という壮大なバブル 

このところビジネス界ではWeb3がバズワードのようです。曰く、「データを個人に」「分散型組織」「デジタルデータに価値がある」などなど。でも、いくら聞いてもやっぱりよく分かりません。 Web3は仮想通貨の焼き直しか ブロックチェーンとトークンは別だと…

仮想通貨大暴落 背景にあったstETHの価格乖離とDeFi精算リスクとは?

仮想通貨大暴落で阿鼻叫喚です。ビットコインは日本円にして300万円を割り、イーサリアムは16万円まで下落しました。イーサリアムの下落は5日間で30%を超える激しいもの。ではその背景には何があったのでしょうか? 株価が下がれば仮想通貨も下がる Celsius…

BNB全部売却、ステーブルコイン化してPolygonでNEXOへ

先日、BinanceCoin(BNB)を全部売却しました。売った代金はUSDTに替えて、Polygonネットワークを介してNEXOに入れ、利率8%以上でレンディング中です。今回はその経緯を。 BNB売却 送金ネットワーク Polygon 仮想通貨のポートフォリオ BNB売却 しばらく保有…

ステーブルコインの3つの実現方法と、国際金融のトリレンマ

仮想通貨界隈で最近話題なのはステーブルコインUSTの崩壊です。USTの裏付け資産であるLUNAは文字通り100%下落し、Binanceなどで上場が廃止されました。時価総額4兆円が文字通り一夜にして吹き飛んだわけですが、これはステーブルコインの宿命なのでしょうか…

ビットコイン、もとい仮想通貨が全部暴落

いやぁ、仮想通貨の全面安がすごいですね。ビットコイン自体はジリジリと値を下げていて、直近の安値は実に331万円。昨年の安値を割り込みました。1年間では41%の下落、最高値だった735万円に対しては55%の下落です。 アルトコインは全面安 USTとLUNAの壊…

ステーブルコインのレンディング比較 BlockFi、NEXO、FTX

3月の優待クロスが終わり、6月までは閑散期です。あと2カ月程度、資金をどう運用しようか? と考えた時に、非常にリターンが大きいのがステーブルコインのレンディングです。主要どころの状況と、方法を計算してみました。 ステーブルコインのレンディングと…

NEXOレンディングの利息、NEXOトークンを一部売却

保有する仮想通貨のほとんどは、現在レンディングサービスのNEXOで貸し出しをしています。いくつか条件をクリアすると5%程度の利息がもらえるのですが、利率アップのために、利息はNEXOトークンでもらう設定です。これを一部売却しました。 NEXOトークンと…

Web3 サーバとローカル、または信頼とトラストレスの振り子

このところ、クラウドが花盛りです。いまや、個人も企業もサーバにデータを保管するのが当たり前だと受け止めるようになっています。でも、これは一時的なことの可能性が高いのではないでしょうか。コンピュータの始まりから、サーバとローカルは行ったり来…

NFTが分からない ゲーム(メタバース)、アート、資産管理

ブロックチェーン技術を使った最新のプロダクトといえば、NFTです。イーサリアムブラックチェーンの上で登場したこの技術は、またたくまに多くに事業家の心を捉えたようで、国内でもさまざまな企業がNFTに参入したり、また関心を持っています。 でも、やっぱ…

2021年の投資を振り返る 仮想通貨編

昨日の「2021年の投資を振り返る 株式編」に続き、この1年の仮想通貨について振り返ってみたいと思います。 各仮想通貨の上昇率 仮想通貨の質が変化した トレンドはNFT 2022年の仮想通貨 各仮想通貨の上昇率 上昇率でいえば2020年には敵わないものの、乱高下…

ビットコインに所有権はあるのか

民法をちょっと調べると、面白いことが分かります。ビットコインには所有権は発生せず、「ぼくのビットコイン」といっても非常に曖昧な領域にあるのです。どういうことでしょうか。 デジタルデータに所有権はない ビットコインに関する権利 ビットコインを盗…

SBIの暗号資産ファンドが残念な理由

SBIが国内初となる暗号資産ファンドの一般販売を始めます。ついに日本でも!と期待した人も多いかと思いますが、中身をよく見るとがっかりだったのではないでしょうか。 SBI「暗号資産ファンド」 期待したことと期待外れだったこと なぜこうなった? ファン…