FIRE: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIREを実現しました。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家で、リバタリアン。ロジックとエビデンスを大事に、確率と不確実性を愛しています。

投資テクニック

投資手法全般

株式の節税マニュアル(3) 控除枠活用の利益移転

前回、株式の節税マニュアル(1)として、基本的な考え方を説明しました。金融商品への課税は、損益通算できる箱が3つ(+1)あること。そして節税の方向性としては、(1)税繰り延べ(2)控除枠と経費の活用(3)税率の違いの活用 があることを簡単にまとめ…

株式の節税マニュアル(2) 税繰り延べの活用

前回、株式の節税マニュアル(1)として、基本的な考え方を説明しました。金融商品への課税は、損益通算できる箱が3つ(+1)あること。そして節税の方向性としては、(1)税繰り延べ(2)控除枠と経費の活用(3)税率の違いの活用 があることを簡単にまとめ…

如何にして配当クロスで大失敗したか GMOと楽天の落とし穴

いやはや9月のクロスは大失敗でした。制度信用を使って配当を取る、いわゆる配当クロスです。どのように失敗したのか、原因は何か、そして今後に向けての対策は何かを考察しておきます。 当初の目論見 野村Webローンで資金を借りる GMOクリック証券でクロス…

無料で即時出金できる証券会社

先日税金を約100万円クレカで支払ったのですが、その引き落としが週明け27日にあるのをすっかり忘れていて、本日は金策に走り回りました。金策といっても、要はほかの銀行口座にあるお金を細々集めたり、証券会社に残っている資金を出金したり……なのですが、…

FIREして取り崩しの際の、PortfolioVisualizerのモンテカルロシミュレーションの使い方

資産の推移のシミュレーションというと、株式の期待リターンが6%くらいだから、100万円の資産を株式100%で運用すれば、20年後には320万円になっている……というようなシンプルな手法が主流です。 ところが実際の相場は毎年6%なんてことはなく、ある年は20…

5%くらいはリターンが出せる低リスク投資法

最初は日本の個別株から始めて、もう投資を20年くらいやっています。その間、リーマンショック、コロナショックも経験し、相場の大幅上昇と暴落も経験してきました。そん中、さすがに投資の経験値は多少貯まってきたわけですが、1つ分かったことは、どの時代…

実際に使っている各証券会社のイメージをまとめてみる

良いのか悪いのか、いろいろな投資手法を試すが故に、数多くの証券会社を利用しています。みんな有名な、楽天証券とかSBI証券とかを使っている人が多いと思いますが、実はマイナーな証券会社にもけっこうメリットがあるものです。 ここでは機能のマルバツと…

マネフォ愛用者が増加している 資産管理と節約と

最近、SNSでも「マネーフォワード最高!」という声を聞くことが増えてきました。ここでいうマネーフォワードは、個人向け家計簿アプリの「マネーフォワードME」です。初期は、自動作成家計簿として使っている人が多かった印象ですが、最近は総合資産管理アプ…

マネックスで法人口座開設 個人口座や楽天法人口座との違い

法人の投資口座として、マネックス証券に口座を作ってみました。既に楽天証券に口座を持っているのですが、なぜマネックス? そのあたりをちょっとまとめてみます。 法人口座の開き方 なぜマネックスでも? 楽天証券法人口座、個人口座との比較 法人口座の開…

ストックオプションの行使タイミングを考える

ストックオプションをもらった場合、気になるのはその行使タイミングです。いつどんなリスクを取っていて、行使タイミングで何が変わってくるのでしょうか。考えてみました。 ベンチャー企業で重要なストックオプション 1:いずれお金が必要なときまでそのま…

楽天証券大口更新 8回目完了 寝ぼけミス

3月の優待クロスから返ってきた資金を使って、8回目となる楽天証券の大口優遇の更新を行いました。もう慣れたもの……と思っていたのですが、思わぬミスも。 今回もトヨタ自動車 無事に約定したので返済 今回もトヨタ自動車 3ヶ月おきにやってくる大口優遇の更…

逆日歩はどうなった?配当クロスの答え合わせ

3月の権利確定日に、高配当銘柄に絞って複数配当クロスをやってみました。配当クロスは株価変動をヘッジして、配当の15%を獲得するワザですが、唯一のリスクは逆日歩です。さて、どのような逆日歩だったでしょうか? www.kuzyofire.com 想定内? 想定外?の…

制度信用を使った配当クロスの研究ーー3月銘柄

優待クロスのバリエーションの1つに、優待目的ではなく配当目的でクロスを行う、「配当クロス」というものがあります。3月は配当を出す銘柄も多く、しかも大量の銘柄があるので狙いが分散されがち。配当クロスの可能性について、考えてみました。 配当クロス…

最高逆日歩計算をスプレッドシートで計算する方法

3月の優待クロスでは、一般信用を使わずに制度信用にトライしようとする人もいるでしょう。しかし、最大の難所は制度信用につきものの逆日歩です。この逆日歩は無制限につくわけではなく、最大額が決まっています。この計算方法を。 逆日歩と最高逆日歩 最大…

SBI証券がポイント還元拡大 eMAXIS Slimなどの信託報酬実質4割減も

SBI証券が4月1日から「投信マイレージ」の付与率引き上げを発表しました。これは、保有している投資信託の残高に応じて、Tポイントを還元するというものです。実質的にeMAXIS Slimなどの低コストインデックスファンドの信託報酬が半減することになります。 e…

なぜ評論家は株価予測や為替相場予測を行うのか

「今年の日経平均株価の目標は3万2000円だ」「ドル円は120円まで円安に向かう」云々カンヌン。世の経済評論家たちは、こんなふうに株価や為替の予想を行います。そしてその理屈付けとして、「経済状況がこうだから……」とか「このチャートの形を見ると……」だ…

ヤマダ電機優待改悪 EDINET/TDnetから優待変更をプッシュで受け取る

ヤマダ電機が株主優待を改悪したことが話題です。これまで100株の保有で、3月末1000円分、9月末2000円分の商品券がもらえていたのが、3月末500円、9月末1000円と半減。さらに、これまであった長期保有者に3月1500〜2000円プラス、9月に500円分プラスだったも…

SBIと三井住友カードも開始 クレカ投信積立の攻略法

SBI証券と三井住友カードが、かねてから告知していたクレジットカードによる投信積立の詳細を発表しました。サービス開始は6月1日、決済金額の0.5%のVポイントが貯まります。 これでクレカを使った投信積立サービスは、楽天証券(楽天カード)、tsumiki証券…

配当金が入っているのに気づかず1年間書類を捨ててしまった

今回はけっこう衝撃的なミスの話です。企業からの配当金は、通常証券口座へ入金されるのですが、子供の証券口座で登録をミスっており、郵送で配当金が送られてきていたようです。約1年ほど、それに気づかず、届いた書類を見事に捨てまくっていました。その顛…

楽天証券の大口優遇達成 2021年1月はトヨタで

1月は、楽天証券の大口優遇更新のタイミングです。今回は、定番のトヨタ自動車を使って1回で更新しました。信用新規建額が3000万円と少なくなったので、かなり容易になりました。 朝、寄付き成り行きで1500万円分ずつ 昼、それぞれ反対売買 朝、寄付き成り行…

FXで税金対策 過去の損失をロールオーバーする

今回はちょっとレアケースのお話です。現在、先物取引の損失が存在しており、その繰り越し期限である3年目が終わろうとしています。このままだと、将来の利益と相殺できず単なる損失として終わってしまうので、なんとかこの損失を2021年にも繰り越したい。そ…

日経平均バブル後最高値の意味 連続性はあるのか?

11月6日、日経225平均は大きく上昇して2万4325円で終わり、バブル後最高値を付けました。メディアでは「29年ぶり高値」という言葉が踊っていますが、さて、この意味をどう考えたらいいのでしょうか? 連続性が実はない日経平均 TOPIXと日経平均 NT倍率は歴史…

こんな投資はしてはいけない(3) 超高利回り

こんな投資はしてはいけないの第3弾は、超高利回り投資です。 たまに、というか主に仮想通貨回りでですが、「月利10%」なんていう投資案件の話を聞いたりします。風の噂でも、「月利20%の投資案件」なんてものを聞くこともありますね。普通に考えれば、そ…

無リスク資産(現金)をどこに置くか

たまにはインデックス投資家らしい記事を。ということで、今回は無リスク資産(現金)の取り扱いについてです。極めてアカデミックにいえば、トービンの分離定理のいうとおり、ポートフォリオは市場ポートフォリオ(株式インデックス)と、リスク許容度に応…

ARK ETFシリーズが買えるサクソバンク証券の使い方

最近、ARK社の米国ETFが話題のようです。いわばアクティブファンドであり、それを上場させたETFです。ディスラプトテクノロジーに特化したファンドのようで、特に暴騰したTeslaを組み入れていることや、コロナ禍でテクノロジー系の調子がいいことから、たい…

楽天証券の信用貸株の活用法 2.5倍ほどお得に

楽天証券が9月23日から新しいサービス「信用貸株」を始めました。手持ちの株式を貸株に出しつつ、信用取引の代用有価証券としても使えるというサービスです。その代わりに、貸株料率は約半分になってしまうわけですが、果たして使えるサービスなのでしょうか…

ドコモTOB、申込み用に三菱モルスタ口座作成

11月16日に控えたドコモのTOB開始に備えて、三菱UFJモルガン・スタンレー証券に、TOB申し込み専用口座の申し込みをしました。手順と、最近のドコモの株価について。 急に上がり始めたドコモ 3880円まで上昇 3876円でドコモ貯金 三菱モルスタへの口座開設 2つ…

ドコモTOB定期は1カ月で0.6% 年利換算で4.7%

NTTがドコモにTOBを行います。こちら行使価格は3900円なのですが、現在の株価は3876円前後で推移しており、その差が24円もあります。現在ドコモ株を買って、TOBに応募すれば、低いリスクで1株あたり24円の利益が生まれます。 100万円突っ込めば、11月末に590…

楽天証券大口優遇取得方法 3000万円に緩和で取りやすく

楽天証券の大口優遇を更新しました。手数料に大幅な優遇がなされる「大口優遇」は、これまで1日あたり5000万円の信用取引が必要でしたが、9月28日から3000万円に大幅緩和。資金が少なくても達成しやすくなりました。 大口優遇のメリット 信用取引手数料無料 …

SBIが1日100万円まで手数料無料 単元100万以上の銘柄は?

SBI証券が手数料無料化にアクセルを踏みました。10月1日から、これまで1日50万円だった無料枠を拡大。100万円まで無料にします。現物、制度信用、一般信用のそれぞれで100万円ずつ、合計で300万円まで無料です。 さてでは気になるのは、1日100万円の枠内で買…