投資でセミリタイアする九条日記

セミリタイアを実現したサラリーマン。ETF投資を中心に、太陽光投資や不動産投資、オプション、VIX、FX、CFDまで使って資産運用をしています。

投資テクニック

投資手法全般

一番底?二番底? それが分かったら大金持ち

連日の暴落から一転、日経平均は3月23日から、米ダウ平均は24日から大きく反発しました。これを見て、「底を打った」という人と、「まだ2番底がある」という人に分かれます。 ※赤線は日経平均、青は米ダウ平均 現在のところ、日経平均▲18%、米ダウ平均▲25% …

dポイント/Pontaポイントを日興フロッギーで現金化可能に

日興フロッギーがdポイントと連携しました。最大のポイントは、株式購入にdポイントが使え、しかも期間・用途限定ポイントも利用できることです。これで、dポイントの容易な現金化の道がひらけました。 これまでのdポイントの現金化方法 dポイント→株式→売却…

2月優待のクリレスをクロス解消忘れ。分割に注意

3月の優待クロスも佳境。ということで、よもや売建て数と買建て数が違っていないだろうな? と思い、各証券会社のポジションを確認していきました。すると、あれ? なんでクリレスが100株残っているの? 3月に入りクリレス急落 株式分割と成行き売りが同時に…

LINE証券のタイムセールに参戦 いろいろと落とし穴が!

本日は17時からLINE証券のタイムセール実施です。これは、3〜5%引きで、指定された証券が5株購入できるというもの。当然確実に儲かるキャンペーンなので参戦なのですが、いろいろと落とし穴がありました。 銘柄はこの5つ! 必要資金は約12万円 東京エレクト…

ダウ暴落、日経225暴落 そのときにやったこと

連休明けはコロナウイルス騒動に端を発した世界各国の暴落がすごかったです。ダウは1000ドル超下げて2万7960ドル。連休明けの日経平均もそれに引きずられて、2万3400円から2万22500円台まで落ちました。 ダウは3%超のダウン。3%超というとすごいですが、で…

LINEワンコイン投資の出金への流れ

LINEのワンコイン投資で、積み立てた資産を一部売却し、出金までの手続きをやってみました。けっこう長くかかった感じなので、一連の流れをまとめてみます。 www.kuzyofire.com 依頼した日から、4営業日後着金 ポートフォリオ画面下部の「売却」を押す 注文…

マネフォがなければもはや管理不能 銀行11行、カード10枚、証券10口座などなど

いろいろな投資商品に手を出したり、さまざまなキャンペーンにトライしてみるのはいいのですが、その結果何が起こるかというと、口座の氾濫です。銀行からカード、電子マネー、証券などを合わせて、現在金銭の出入りがあるもので57口座。はっきりいってどう…

指値と逆指値、リミットオーダーとストップオーダー

トレードをほとんどしてこなかったので、実は注文方式についてこれまで調べてきませんでした。とはいえ、VIXなどで短期売買をするときには、損切り注文が大事になることを最近肌身で感じています。そこで、基本的な注文方法である、指値(リミットオーダー)…

LINEポイント現金化手段

LINE証券の「3株無料でもらえる」キャンペーンを活用したり、LINEスマート投資の「ワンコイン投資」で2%のLINEポイントをゲットする方法を実践しています。となると気になるのは、こうした投資先、またポイントをどう使うかです。ここでは、最もお得に現金…

LINEワンコイン投資で月間8000円ポイントをもらう

LINE証券とは別に、LINEがFolioと組んでやってる投資サービスにLINEスマート投資があります。この中で、面白いのが500円のワンコインから積立ロボアド投資ができる「ワンコイン投資」です。何が面白いかというと、こちらなんと投資がLINEポイントの還元対象…

優待の少ない月は? 楽天大口更新の最適タイミング

楽天証券は、大口優遇を獲得することで現物取引手数料が優遇され、信用取引は手数料が無料となります。比較的達成条件の緩い、信用取引5000万円/日によって、3カ月間、大口優遇が受けられます。今回は、いったいどの3カ月に優遇を達成するのが、資金効率的に…

単元株数が小さいと51単元突破で「空売り価格規制」が簡単にかかる

TOPIX ETF(1306)を売却しようと思い、手数料を節約するために信用売りしてから現渡を試みたら、「空売り価格規制により、成行注文は受付けられません。」というメッセージが。 あれ?10%以上上下した場合では? 51単元以上では成行注文が行えない 成行が…

ネオモバイル証券の資産一覧を、マネフォで見やすくする方法

長期優待の獲得目当てで、ネオモバイル証券を使っています。月間220円(200円+税)の手数料で、200円分のTポイントが還元され、Tポイントを使って株が買えるため、ほぼ手数料無料の証券会社です。 ところが、スマホに最適化させすぎたせいか、PCでWebを開い…

50万円以下の手数料無料で「買えない」株 

12月23日から、楽天証券やSBI証券の手数料が変更になり、「定額コース」を使えば1日50万円までの取引は手数料が無料になります。現在のところ、下記の4証券で50万円以下が無料になるようです。 楽天証券 23日から SBI証券 23日から 岡三オンライン 25日から …

証券各社、手数料無料化の流れ どこが一番お得か?

ネット証券各社が次々と手数料無料化の方向に向かっています。大手5社は、投資信託をいずれもノーロード化。さらに、信用取引も現物取引の無料枠も拡大し、個人投資家にとってはありがたい方向性です。 各社の無料化状況 どこを選ぶか? 残るは楽天証券の動…

NISAのロールオーバーの選択肢

12月に入り、NISAのロールオーバーの期限が迫ってきました。さて、こちらロールオーバーするべきかどうか。 5年経過でロールオーバーを選べるNISA 2015年分の運用成績 ロールオーバーするかどうかの基本的な考え方 今回のロールオーバーの結論 5年経過でロー…

弊害も auカブコムもマネックスも信用手数料無料に

信用取引について手数料無料化の大きな波がやってきました。2日に無料化を発表したauカブコム証券に続き、マネックス証券も(ETF、REITについて)全額キャッシュバックを発表。「3年以内」の株式取引手数料無料化を宣言したSBIに、先手をとった形です。 実質…

つみたてNISAが延長 ただしNISAの欠点に注意

つみたてNISAが延長になるようです。非課税期間は2037年が最後でしたが、37年の開始でも、それから20年間非課税積み立てになるとか。 www.nikkei.com それでも最大非課税対象は800万円 NISAの欠点 それでも最大非課税対象は800万円 つみたてNISAは年間最大40…

Googleスプレッドシートで使える株式・投資関係関数

投資をやっていると、情報をまとめて見られたいいのに、と思うことがよくあります。例えば、株価の一覧とかとかですね。実は、Googleスプレッドシートを使うと、そんなことが簡単にできるようになります。 ヤフーから株価を読み込む 株式取得日から権利確定…

マネックスのトレードステーションで失敗した

騙された……というと大げさですが、試しにマネックスのトレードステーションに申し込んでみたところ、たいへんな目にあいました。 留意事項の説明不十分! ツールはWindowsとスマホのみ どうしたら解約できる? 留意事項の説明不十分! 申し込みの際、Webには…

トヨタ信用売りがキャンセル? 楽天証券自動スイープの謎を解く

10月いっぱいで、楽天証券の大口優遇が切れます。そこで、改めて5000万円分の信用建玉を建てて、大口優遇を延長しようとしました。使おうとしたのは今回もトヨタ株です。深夜に5200万円分のクロス注文を入れて布団に入り、翌朝約定をチェックすると……。 注文…

FPGの制度信用配当取りの結果

制度信用と現物を使って、配当落調整金と配当金の差額、約12%を取ってみようという作戦を試してみました。逆日歩がどうなるか? という勝負だったのですが、結果はどうだったでしょう? www.kuzyofire.com 損益構造のおさらい 4.8円の逆日歩 損益構造のおさ…

金地金(インゴット)の購入方法 三菱マテリアル編

本日、消費増税前の最終日に、駆け込みで金地金を購入しました。手続きしたのは、三菱マテリアルです。 Webで買うか店頭で買うか 9月30日契約なら消費税8% 今回は、店頭でマイゴールドパートナー購入 購入した金の保管はマイゴールドパートナーだけ 混蔵寄…

各証券会社の特徴 サクソバンクとネオモバイル マニアック編

前回の比較的メジャーな証券会社に続き、今回はマニアック編です。www.kuzyofire.com とにかく取り扱い銘柄が多いサクソバンク証券 端株で圧倒的優位 ネオモバイル証券 とにかく取り扱い銘柄が多いサクソバンク証券 知名度が低いサクソバンク証券ですが、と…

金地金(ゴールド)はどこがお得か? スプレッドを比較する

あと2週間で消費増税です。キャッシュレス還元が話題ですが、今回はあまり駆け込み需要はないようですね。でも、ぼく自身は駆け込みで買っておこうかと思っているものがあります。金(ゴールド)です。 売買に消費税がかかる金 2%儲かるかというと、まず500…

Tesla株を全額売却 利益は+40%ほど

Tesla株を売却しました。172ドルで購入したのが3年半前の16年2月。売却価格は244.8ドルです。単純増加率でいうと、+41%ですが、年率複利で計算すると10.3%の利益でした。 期待と現実の狭間で Model 3の期待で買い、事実で売るべきだったか? グロースから…

各証券会社の特徴 IPO、優待、米国株などに向くのは?

さまざまな投資手法に手を広げたせいで、日常的に使う証券会社がすごい数になってきました。それぞれを使う中で、見えてきた特徴をまとめておきます。 楽天グループ連携に強み 楽天証券 IPOに強み。最大手の貫禄 SBI証券 信用取引&IPO&債券 SMBC日興証券 …

制度信用を使って配当タダ取りができる

株式投資をやっていると、一度は思うのが「配当権利が確定する日だけ株主になれば、1日で配当がもらえるのでは?」ということです。同じことが株主優待にも言えます。 ところがこの作戦はうまくいきません。その日に持っていると配当や優待がもらえる権利確…

端株(単元未満株)をネオモバイル証券に集約 実質コスト無料

単元未満株の面白みが出てきました。株主優待では、これまで権利確定日に株を持っていればもらえることがほとんどだったのが、次第に長期保有者制度を導入してきています。「1年以上保有者だけが優待をもらえる」「2年以上保有者には優待がプラスされる」。…

手数料無料で株取引する3つの方法

資産運用にとって、リターンは不確実ですが、コストは確実です。いかにコストを小さくするかが、投資のリターンを上げる上で重要ですね。ただ、ぼくの場合、普段は長期投資家なので、売買コストはほとんど気にしていませんでした。 買ったら買いっぱなし。10…