FIRE: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIREを実現しました。投資歴20年以上。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家。ロジックとエビデンスを大事に、運と不確実性を愛しています。

保険

1億円の自転車保険を火災保険で対応する方法

日常的に自転車に乗っていますが、気になるのが事故のときの保険です。自分のケガや自転車の破損はまぁ貯金でどうにでもなるのですが、人にケガをさせてしまったときは大変なことになります。そこで保険を考えるのですが、けっこうな値段がするんですね。 い…

モバイル保険が付いたプラチナカード ミライノデビットPLATINUM

スマホなどのモバイル機器は、しばしば壊れるものです。特に落下によるガラス割れは、経験したことのない人のほうが少ないでしょう。これに対して、通信キャリアはもちろん、端末メーカーもさまざまな保険を提供しています。さらに、少額短期保険も充実して…

リスクをすべて保険で賄いたいと思う人たち

先日、ある保険の加入者たちの話を聞く機会がありました。そこですごく感じたのは、「保障がこれだけじゃ、足りない!」という意見を持つ人が、かなりの数に上ったことです。もっと保険を、もっと保険を。 公的保険でかなりカバーされる実態 病気や怪我で働…

保険は罪悪感のない売り物なのか

昨日、喫茶店で仕事をしていたら、隣の席で保険の勧誘をしているグループがいました。聞き耳を立てたわけではないのですが、それなりに席が近いので、どうしても会話の内容が耳に入ってきてしまいます。 え、ドル建て変額保険を勧めるの? 保険は売るのはあ…

裏技生命保険「じぶんの積立」に入ってみた(2)

前回、生命保険控除による利回りを計算した明治安田生命の「じぶんの積立」ですが、実際に申し込みをしてみました。どんな感じだったのか、落とし穴はないのか、状況を解説します。 Webから面談申し込み 歩合のセールスマンと比べるとやっぱり今ひとつ 払込…

裏技生命保険「じぶんの積立」に入ってみた(1)

これまで生命保険は入るだけ損という記事を何度か書いてきました。正確にいうと、保障部分の価値はあるけれど、貯蓄部分については損するよ、というものです。ところが、明治安田生命の「じぶんの積立」という生命保険は、裏技的にお得な保険なんですね。 い…

金融に透明性はなぜ必要なのか?

ディスクロージャーという言葉が使われるにようになってどのくらい経つでしょう。企業の経営でも、各種投資商品でも、情報公開=ディスクロージャー、つまりはできるだけ透明性を高めようという機運があります。 機運といっても、それは世間や規制当局側の話…

年金のお得な受け取り方

『人生100年時代の年金戦略』の書評3本目です。1本目は年金の概略とともに、そのリターンをIRRで計算してみました。2本目は年金は破綻するのか? を財源の状況とともに見てみました。今回は、その年金をお得にもらう方法についてです。 人生100年時代の年金…

年金は破綻するのか? 『人生100年時代の年金戦略』その2

たびたび週刊誌などが「年金破綻」について書きますね。それはどこまでリアルなのかも『人生100年時代の年金戦略』では書いています。前回に続き、本書の内容を読み解いていこうと思います。 人生100年時代の年金戦略 作者: 田村正之 出版社/メーカー: 日本…

書評『人生100年時代の年金戦略』 年金のIRRを計算する

『人生100年時代の年金戦略』を読みました。年金というと、「2階建て」がどうだとか制度の仕組みの話が多く、結局よくわからないことが多かったのですが、本書はなかなか分かりやすく、良書でした。 人生100年時代の年金戦略 作者: 田村正之 出版社/メーカー…

個人年金保険の節税効果は1%以下 シミュレーションで見る

『生命保険は「入るほど損」?! 』という本を読んだので、自分が契約している保険について、改めて計算をしてみました。多くの保険を解約してしまいましたが、残っているのは個人年金保険です。 生命保険は「入るほど損」?! 作者: 後田亨 出版社/メーカー: 日…

貯蓄系保険は投資信託+保険の劣化パッケージ

先日、ファイナンシャル・プランナーの方から「変額保険」の提案をもらいました。セールストークを味わいながら、なるほどこれは……と思ったので、変額保険の内容を分析してみました。 変額保険とは? 実現利回りで返戻金が変わる 同様の返戻金を得るにはいく…

書評:『生命保険は「入るほど損」?!』

生命保険についてもう少し勉強したいと思い、元生保営業マンが書いた『生命保険は「入るほど損」?!』を読みました。業界の裏側が分かりへぇーという点と、そしてやっぱりねという保険に対する感想でした。 生命保険は「入るほど損」?! 作者: 後田亨 出版社…

海外旅行保険から考えるクレジットカード選び

クレジットカードの特徴は、ステータスやポイント還元だけではありません。T&E(Travel & Entertainment)カードという分類もあるように、特に旅行の際の保険が各クレジットカードは充実しています。うまくカードを選べば、海外旅行の際に別途保険にはいる…

iPhone XS用にモバイル保険に加入してみた

前回紹介したモバイル保険ですが、iPhone XSを入手したので申し込みをしてみました。月額700円で、年間最大10万円まで補償されるという、よく壊す人にはなかなか魅力的な保険です。申し込みの手順と注意点をまとめておきます。 kuzyo.hatenablog.com 全体の…

月額700円で3台まで入れるモバイル保険はお得か?

スマホの画面割れは、ほとんどの人が経験したことのある事故ではないでしょうか。ぼくはこの数年、買った端末のすべての画面を割っています。iPhone 5sあたりまでの画面が小さいときは割ったことがなかったのですが、大型化に伴い、毎度落下させて割るという…

長寿保険は長生き対策になるか?

先日、資産を死ぬまでに使い切ることは長生きした場合に資産がゼロになるリスクがあるかも? という記事を書きました。そんなリスクがあるなら対応する保険があるかもと思い、ざっと調べてみるとニッセイが長寿生存保険「グランエンジ」という保険を用意、第…

保険に入るべきか、入らぬべきか

今回は節約の話をしようと思います。 資産を増加させるには、収入を増やす、支出を減らす、利回りを上げるの3つしかなく、中でも確実に効果があるのが支出を減らす手法です。 支出を減らすときは、大物に手を付けるのが鉄則です。つまり、住宅、自動車、保険…