投資でセミリタイアする九条日記

セミリタイアを実現したサラリーマン。ETF投資を中心に、太陽光投資や不動産投資、オプション、VIX、FX、CFDまで使って資産運用をしています。

税金的に損でも配当を出す企業を選ぶわけ 『株式投資の未来』より

シーゲル教授の『株式投資の未来』はたいへん刺激的な本です。中でも、「高配当株を買え!」という説明は、世間一般の常識を止揚したところで議論が展開されます。 株式投資の未来?永続する会社が本当の利益をもたらす 作者: ジェレミー・シーゲル,瑞穂のり…

国益とか日本企業を応援とかに感じる不思議

よく「日本企業に頑張ってほしい」とか「日本の国益に」とか、そういう発言をする人がいます。そのたびに、何かの違和感を感じていたのですが、ちょっとそれを整理してみたいと思います。 日本企業って一体なに? 税金を日本に収めるのが日本企業? イメージ…

9月優待クロスをそろそろ仕込み始める

8月の優待クロスも佳境です。そろそろ9月の優待クロスを仕込みたいと思っています。1年のうちで、9月は3月に続き優待の多い月。なかなか魅力的な銘柄が揃っています。 8月のクロスポジションが解消される前に仕込む 仕込み済み9月銘柄 これから仕込む9月銘柄…

為替のカラー取引ポジションを考える

債券のイールドカーブが逆転するなどいくつかの指標がリセッションを示しつつあります。国内の投資家の我々にとって、もう一つ気になるのが為替ですね。リセッション入りすると、おそらくは更に円高が進みます。この為替変動をヘッジできないか、今回は為替…

Amazonマケプレの終焉 メルカリに乗り換え

Amazonが、個人間売買サービス「マーケットプレイス」を開始したのは2001年です。もう18年も前なのですね。ぼくは、開始当初からマーケットプレイスを活用し、不要になった書籍などを販売してきました。 かなり美味しかった当初 年々続く手数料値上げ マーケ…

明日19日は、8月20日優待の権利落ち日 ライトオンは8月末!

明日、19日は8月20日優待銘柄の権利落ち日です。T+3からT+2に変更になって、権利確定日と権利落ち日が1日ずつ後ろにずれました。営業日で数えて、1日ずつ 権利付き最終日 権利落ち日(=売却して可) 権利確定日(8月20日、8月末営業日など) という流れで…

じぶん銀行が3ヶ月円定期で0.35%キャンペーン

じぶん銀行が、年利0.35%の定期預金キャンペーンを始めました。3ヶ月ものなので、92日間で0.0875%の金利を得られます。100万円なら875円の利息になります。税金が20.315%引かれるという点はありますが、ノーリスクで0.35%は小さくないですね。 条件は他の金…

コード決済だけじゃない JCBもQUICPayで20%還元 上限も1万円

高還元キャンペーンといえばPayPayやLINE Pay、メルペイなどのコード決済系が毎月のように展開していますが、キャッシュレスの主役ともいえるクレジットカードもキャンペーンで追撃です。 JCBは、Apple Pay/Google Payに登録してQUICPay/QUICPay+を利用し…

リセッション間近? イールドカーブ逆転で債券上昇

暴落というほどではないのですが株価が軟調です。日経225もS&P500もずるずる下げている感じ。そして、米国債の利回り低下=価格上昇が話題です。 www.bloomberg.co.jp 30年債が利回り2%切り 株価も軟調 しかし暴落ではないか もう少し下がってくれれば高配…

制度信用を使って配当タダ取りができる

株式投資をやっていると、一度は思うのが「配当権利が確定する日だけ株主になれば、1日で配当がもらえるのでは?」ということです。同じことが株主優待にも言えます。 ところがこの作戦はうまくいきません。その日に持っていると配当や優待がもらえる権利確…

8月後半のスマホ決済キャンペーン攻略 筆頭はd払い

8月も引き続きスマホ決済キャンペーンが盛りだくさんです。前半では、メルペイの70%還元がありましたが、皆さんは還元上限まで使ったでしょうか? では後半戦、どのタイミングで、どの店舗で、どのサービスを使えばいいのか確認してみましょう。 8月12日〜8…

カブコムへの移管はちょっと注意 8月末キャンペーン

カブドットコム証券のキャンペーン締め切りが近づいてきました。8月末までに1000株を移管して入庫すると、1万円キャッシュバックという太っ腹な企画です。 www.kuzyofire.com 楽天からカブコムへ移管手続き 楽天証券側は先に貸株解除が必要 楽天からカブコム…

HDVを指値で買いたいが、プットオプションを売れるといいのに

いろんな資産運用やマネーについて書いていますが、運用規模で分類すると、ぼくは国際分散インデックス投資を長期で運用するETF投資家です。資産の約半分はインデックス運用になっています。 現在、株価は最高値を更新したり、トランプ大統領の行動でガクッ…

日興証券 優待クロスのコスト目安

ちょっと前までの優待クロスは、15日前くらいに解禁された一般信用売りの在庫を取り合うというゲームでした。ところが、各社が一般信用長期を始めたことから、1ヶ月前からクロスポジションを建てるようになってきています。特に、手数料無料、貸株料も1.4%…

仮想通貨のレイヤー2で、価値発行と機能は分離する

仮想通貨界の著名人、大石さんが、下記のようにTweetしていました。アルトコインを例に、今後、通貨の「価値の発行」と「さまざまな機能」は分離する、というのです。 1. アルトコインは不要か?とても大事なメガトレンドをいうけど、「価値の発行と、取引や…

8月優待 SBIで吉野家、日興で進和、コメダ珈琲を獲得

8月7日の19時に、SBI証券の8月末分の短期信用が解禁になりました。日興証券で取れていなかった、いくつかの株が出ていたので、信用売りをセットしました。 SBIで吉野家 日興証券で進和、コメダ珈琲 現在の8月分クロス状況 SBIで吉野家 吉野家(9861)は300円…

「成長の罠」とは? なぜ高成長企業はリターンで負けるのか:書評『株式投資の未来』

投資家のバイブルであるシーゲル享受の『株式投資の未来』を読んでいます。本書は、豊富なデータを元に投資家の収益の源泉がどこにあるかを分析するのですが、その結果、世間で言われている常識とは全く異なった結論がたびたび出てくるのが魅力です。 株式投…

円高105円台。株安、そしてランドも急落

1ドル105円台と急速な円高が進みました。理解している限り、背景は3つあります。 FRB10年ぶりの利下げで金利差拡大 トランプの制裁関税第4弾 1ドル=7元の元安、ドル高 利下げで金利差拡大 制裁関税第4弾 元安、ドル高 ランドも急落 利下げで金利差拡大 一般…

端株(単元未満株)をネオモバイル証券に集約 実質コスト無料

単元未満株の面白みが出てきました。株主優待では、これまで権利確定日に株を持っていればもらえることがほとんどだったのが、次第に長期保有者制度を導入してきています。「1年以上保有者だけが優待をもらえる」「2年以上保有者には優待がプラスされる」。…

VIXロング投資の推移と結果

VIX

ポジションを取ったことは特に書いていませんでしたが、7月3日と4日にVIXロングのポジションを取りました。GMOクリックの米国VIです。当時は、パウエル議長の議会証言の直前。VIXは13ドル前後で安定しており、今後の利下げが見込まれる中で、そろそろ崩れる…

2019年7月の成績とポートフォリオ公開

7月が終わったかと思えば、FOMC(8月1日)の想定よりタカ派発言で米国株は下落、さらにトランプ大統領の対中国の制裁関税第4弾の話も出て、市場は大混乱です。為替も、109円台から一気に106円台まで円高が進みました。 さてそうした背景の中、どうだったので…

VIXとS&P500は相関しているのか?

VIX

恐怖の指数と呼ばれるVIX。一般的なイメージは、米国の株価指数であるS&P500が暴落するとVIXが急上昇するものです。であれば、これから相場が荒れそうならVIXロング、穏やかだと思うならVIXショートとなるのですが、それほど簡単なものでもないようです。 VI…

8月のキャンペーン活用はまずメルペイ70%還元から GooglePay10%も

7月にはd払の20%還元や、イオンカード新規入会の20%還元など、大型のキャンペーンがありました。8月は、いつもどおりのスマホ決済のキャンペーンから。 メルペイあと払いは70〜50%還元 PayPay、LINE Pay、メルペイの共同キャンペーン第2弾 もし初めてなら…

楽天証券の大口優遇を獲得 どの銘柄でクロスしたか

以前から気になっていた楽天証券の大口優遇を獲得しました。やってみたら、かなり簡単で、これならもっと早くやってみればよかったという実感です。これで7月31日から10月末まで、手数料などが優遇されます。 お大尽手法で実現 選んだ銘柄はトヨタ自動車 約…

イオンカード20%還元の対象外

7月25日から31日までの一週間は、イオンカードの20%還元の対象日です。一回の還元上限が1万円(5万円使用で上限)とはいえ、クレジットカードの使用で20%還元は大きく、さらにd払いなど他の支払い方式と組み合わせることで、破壊的な還元が可能です。 何が…

セミリタイアの方程式

このブログの主題はセミリタイアです。セミリタイアとは、生きていくために働く必要のない経済的独立を達成し、自由な人生を生きること。普通は会社を定年退職したあとがリタイアですが、その時年齢はすでい60歳越え。体力も気力も充実している40代のうちに…

手数料無料で株取引する3つの方法

資産運用にとって、リターンは不確実ですが、コストは確実です。いかにコストを小さくするかが、投資のリターンを上げる上で重要ですね。ただ、ぼくの場合、普段は長期投資家なので、売買コストはほとんど気にしていませんでした。 買ったら買いっぱなし。10…

8月権利確定の狙いたい株主優待

7月の株主優待クロスももう佳境。徐々に長期戦が普通になっている株主優待クロスでは、すでに戦場が8月末に移行しています。現在どんな株を持っていて、どんな株を狙っているのかをまとめておきます。 8月20日権利確定 20日権利確定銘柄です。T+2化にともな…

人はいつ貯金に目覚めるのか? マインドを変える2つの方法

「独り身だし、特に節約したりポイントを貯めなくても大丈夫。手間のほうが面倒」。先日お会いした20代の女性が、こんなことを言っていました。これだけスマートフォン決済のキャンペーンが百花繚乱でも、登録が面倒なのでしていないそうです。 貯金はチリを…

将来価値を織り込んでいるのになぜ株価が上がるのかDCFで考える

よく株価について「将来の価値を織り込んでいる」なんていいます。つまり、将来のキャッシュフローや純利益を見込んで、現在の株価が決まっているということですね。だから、現在が赤字の企業でも、将来の大きな黒字を織り込んで高株価がついたりするわけで…