投資でセミリタイアする九条日記

セミリタイアを実現したサラリーマン。ETF投資を中心に、太陽光投資や不動産投資、オプション、VIX、FX、CFDまで使って資産運用をしています。

JALの信用売り在庫がついに消える

9月末の株主優待といえば、運賃半額となるANAとJALの優待が有名です。ただし、JALについては9月の条件は厳しく、200株で1枚、400株で2枚、600株で3枚、800株で4枚、1000株で5枚と、200株ごとに1枚の付与となっています。

 

f:id:kuzyo:20190925114008j:plain

取得価格の大きいJAL

JALの現在の株価3427円から考えると、優待券1枚に対して68万5400円が必要な計算になります。必要資金自体も大きいですが、貸株料も年利1.4%の日興証券の場合で26円/日/200株がかかります。1ヶ月前のクロスだと、815円もかかる計算になります。

 

ANAは、ほぼ100株ごとに1枚が取得でき、株価も3829円ですから、JALはその倍のコストがかかる計算です。

 

一般信用売の在庫状況も、この金額を反映してか、ANAが先に売り切れ、JALは連休明けの24日の段階でも数万株の在庫が各社に存在しました。これは、権利確定日の27日直前でも残っているかな? と思っていたら、25日の早朝、各社で在庫ゼロです。

9時直前はキャンセルによる在庫放出がある?

これは粘りすぎた……。26円/日/1枚ならば、もう少し早く仕込んでおけばよかった……と思ったのですが、実はまだチャンスはあります。

 

経験上、深夜から早朝にかけて在庫がゼロでも、当日の約定直前となる8時30分から9時までの間に在庫が復活することがあります。おそらく、大量に信用売の注文を出していた人が、調整のためにキャンセルするのでしょう。

 

というわで、9時直前に何度もチェックしていると、はい。出ました。日興証券で1万数千株ほど復活していました。チャンス!と思い、さっそく1000株仕込みです。

 

注文を出し終わって改めて在庫状況を見ると、すでにゼロになっていました。

オリエンタルランドを取るかどうか

さて、27日は9月銘柄の権利確定日です。つまり26日にポジションを取る必要があります。ということは、25日の夕方から夜が最終チャンスとなります。

 

今回どうするか検討しているのがオリエンタルランドです。JALと同じく、オリエンタルランドも9月の条件は厳しく、400株ごとにディズニーランドパスポートが1枚付与となります。3月は100株で1枚(2枚取得には800株)できるので、ハードルが高いですね。

 

株価はなんと1万6500円。400株の取得には、なんと660万円の資金が必要です。日興証券の場合でも、1日あたり250円を超える貸株料がかかります。ディズニーランド株主パスポートの売却相場は4000〜5000円程度。必要な資金額もそうですし、これを取るかは考えるところがあります。

 

単純利回りは0.05%。資金拘束は数日間とはいえ、定期預金金利か? と思うような利回りですね。でも資金を遊ばせておくよりはいいかもしれません。幸いなことに、さすがにこの利回りと必要資金だと、信用売在庫も最後まで払底することはなさそうです。

9月優待の追加銘柄

さて9月のラストスパートに向けて、前回の報告から追加した銘柄をまとめておきます。終盤だけあって、比較的高額な銘柄を仕込みました。

これまでに仕込み済みの銘柄は下記のとおりです。全部合計で31銘柄となりました。さすがに9月はたくさんになりますね。

さて最後に狙いたいのは下記の2銘柄です。

ただしヨコレイはすでに売り切れ。オリエンタルランドは最後まで残りそうですが、低利回りと高資金がネックではあります。なかなかに楽しめた9月の優待クロスでした。

www.kuzyofire.com