投資でセミリタイアする九条日記

セミリタイアを実現したサラリーマン。ETF投資を中心に、太陽光投資や不動産投資、オプション、VIX、FX、CFDまで使って資産運用をしています。

LINEポイント現金化手段

LINE証券の「3株無料でもらえる」キャンペーンを活用したり、LINEスマート投資の「ワンコイン投資」で2%のLINEポイントをゲットする方法を実践しています。となると気になるのは、こうした投資先、またポイントをどう使うかです。ここでは、最もお得に現金化する方法を考えてみます。

LINE Pay各サービスの送金関係

まずはLINE Pay関連の各サービスの送金関係をまとめました。かなりややこしいのですね。解決すべきポイントは、「LINEポイントをどうやって現金化するか」です。

f:id:kuzyo:20200118133926p:plain

たとえばワンコイン投資を行うと、投資額の2%(マイカラーによって違う)がLINEポイントとして戻ってきます。ところが、このLINEポイントはワンコイン投資に使えません。そして、LINEポイント→LINE Pay残高への移行は19年末に終了しました。

 

そこで、LINE証券ルートを使います。いったんLINE証券にLINEポイントから入金すれば、それをLINE Payに出したり、直接銀行に出金することができます。これでLINEポイント現金化のルートができました。

 

ちなみに各LINEサービスの残高は、経由する場所によって銀行出金手数料が変わります。最安はLINE Pay残高の176円です。ただし、ワンコイン投資を継続する限りは、いったん全部ワンコイン投資に回して、最終的にFOLIO口座から出金するのがいいでしょう。

 

ワンコイン投資は後戻りができないルートで、現金化するにはFOLIO口座から銀行に出金するしかないからです。

ワンコイン投資をやっている人はLINE証券必須

というわけで、ワンコイン投資で得たLINEポイントは、LINE証券を経由することで再度ワンコイン投資に回すことができます。ワンコイン投資をやるなら、LINE証券の口座は必須ですね。