FIRE: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIREを実現しました。投資歴20年以上。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家。ロジックとエビデンスを大事に、運と不確実性を愛しています。

イオンカード20%還元の対象外

7月25日から31日までの一週間は、イオンカードの20%還元の対象日です。一回の還元上限が1万円(5万円使用で上限)とはいえ、クレジットカードの使用で20%還元は大きく、さらにd払いなど他の支払い方式と組み合わせることで、破壊的な還元が可能です。

 

何が還元対象でないか、をしっかり明示しているのもいいところ。ただし、随時更新だそうで、あとから「これはやっぱり対象外」と言われかねないリスクはあります。

 

対象外のリスト

対象外となるリストは、こちらで公開されています。

f:id:kuzyo:20190729125612p:plain

端的にいうと、公共料金と電子マネーへのチャージ、携帯料金と金券などの購入は対象外です。たとえば、

  • Amazonギフト券は対象外

ほかにも注意点は、下記があります。

  • ヤフオク、メルカリのような個人間取引は対象外。これは、自分で出品して自分で購入すると儲かってしまいますから、そのあたりを警戒したのでしょうか
  • 保険料支払いも対象外

その上で、対象外になっていない中で魅力的な使い方としては、

  • d払いの支払いカードに設定して、20%還元+20%還元
  • ガソリン支払いへの利用
  • 航空機、ホテルなど旅行費用
  • 定期券購入

が挙げられそうです。

最大活用には5万✕10回

さて最大限還元を活用するには、5万円以下の支払いを、合計で50万円分する必要があります。しかし、そのためにわざわざ散財しては本末転倒なので、できるだけ普通に発生する支払いに充てたいところ。

 

家電製品はビックカメラでd払いと併用できるので、7月末までに購入するのが吉という感じです。