投資でセミリタイアする九条日記

セミリタイアを実現したサラリーマン。ETF投資を中心に、太陽光投資や不動産投資、オプション、VIX、FX、CFDまで使って資産運用をしています。

ソフトバンクが仮想通貨に及び腰の理由

ソフトバンクの孫正義社長が、仮想通貨投資で145億円もの損失を出したと報じられました。2017年終盤に投資して、2018年の暴落で損切りしたようです。

jp.wsj.com

f:id:kuzyo:20190429104013j:plain

一般投資家の失敗例

Bitcoinのチャートを見ながら思い出すと、2017年末は200万円に向けて急上昇していた時期。そこから年を明けた2018年1月には一気に100万円に向けて暴落しました。まさに、高値づかみの底値売した感じです。

 

もちろん、その後のBitcoinはさらに値を下げ50万円を切り、30万円台に。いまは50万円台まで値を戻していますが、まぁ100万円あたりで損切りしたのは先見の明ともいえます。

自分で体感する経営者

これをもって、投資の名人という孫さんの経歴に傷がついたというのは簡単です。でも一方で、仮想通貨事業にのめり込んで大損害を出したGMOグループなどと比べるとどうでしょう。

japan.cnet.com

さらに、取引所が儲かるぞ、ということで参入を進めていた企業も、体制整備のコストに耐えかねず、撤退が出てきています。

business.nikkei.com

そんな中でいうと、みずから数百億規模で投資をやってみて、「これは投機的市場だ」と判断した孫社長はさすがだともいえます。

仮想通貨事業に手を出しそうな会社でいうと

インターネットに匹敵するインパクトを持つといわれる仮想通貨。となると、アグレッシブな企業が参入を目指すわけですが、だいたい顔ぶれは想像がつきます。

  • GMO 参入 損失
  • DMM 参入 運営中
  • SBI 参入 運営中
  • サイバーエージェント 断念
  • ヤフー 参入 運営中
  • 楽天 参入 運営中
  • LINE 参入(海外のみ)

もちろんソフトバンクもヤフーを通じて参入しているわけですが、社長肝いりというわけでもなく、少し温度感は低いですね。それは孫社長自身の体験から来ているのだと思います。

 【仮想通貨についていろいろ】

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com