FIRE: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIREを実現しました。投資歴20年以上。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家。ロジックとエビデンスを大事に、運と不確実性を愛しています。

セミリタイアして何をする?100のリストと棺桶リスト

このブログを書き始めて記事が100本に達しました。記念に、ブログの主題でもある「セミリタイア」について、思っていることをまとめておきます。

 

セミリタイア系ブログで有名なのが、「人生の100のリスト」や「棺桶リスト(Backet list)」と呼ばれるものです(映画「最高の人生の見つけ方」から)。どちらも、「死ぬまでにやりたいことリスト」で、要はやりたいことを書き出しておけば実現するし、死ぬ間際になって後悔することもないよね、ということを目指しています。

人生の100のリスト (講談社+α文庫)

人生の100のリスト (講談社+α文庫)

 
最高の人生の見つけ方 (字幕版)

最高の人生の見つけ方 (字幕版)

 

 

別にセミリタイアと「死ぬまでにやりたいことリスト」はセットではないのですが、会社に縛られてやりたいこともやれない人はリストの実行に制約がかかります。さらに、会社で定年まで働いてその後余生を過ごす……というような、なんとなく人生のレールが引かれている状態です。一方、何をしてもいいけど何もレールがないのがセミリタイアです。

 

つまり、自分の人生のレールを自分で引き直す必要があるわけです。それがまさに「棺桶リスト」なのかと。では、自分でもリストを書き出してみましょう。

f:id:kuzyo:20180507200525j:plain

 

  1. 会社を作る(達成
  2. 経済的自由を手に入れる
  3. トライアスロンを完走する
  4. バックカントリースキーをやる
  5. 日本アルプスを縦断する
  6. ブルベに出る(200キロ達成 2019/10)
  7. 1000キロブルベをクリアする
  8. ヒルクライムレースに出る
  9. 博士号を取る
  10. 微分積分を理解する
  11. 『オイラーの贈り物』読破と理解
  12. 『ゲーデル・エッシャー・バッハ』読破と理解
  13. ミクロ経済学を理解する
  14. マクロ経済学を理解する
  15. Webサービスを作ってリリースする
  16. AWSを使ってみる
  17. Lambdaでサービスを作ってみる
  18. ミシュランを制覇する
  19. 料理のレパートリーを大きく広げる
  20. 筑波サーキットで1分10秒を切る(達成 2018/10/30)
  21. カラマーゾフの兄弟を読む
  22. トマス・ピンチョンを読破する
  23. 世界一周をする
  24. Pythonを学んでDeepLearningを実装してみる
  25. 本を出版する
  26. 小説を書く
  27. KDPで本を出版する
  28. オカリナを吹けるようになる
  29. ゲーデル・エッシャー・バッハを再読する
  30. 自転車で日本海までいく
  31. ドバイに行く
  32. シンガポールに行く
  33. テルアビブに行く
  34. 台湾に行く
  35. 太陽光発電のオーナーになる(達成2020/3/3
  36. 大家さんになる
  37. ピラミッドに登る
  38. Rをマスターする
  39. FP技能士資格を取る(2級達成2020/3/8)
  40. CFA(米国証券アナリスト)を取る
  41. 法人の決算と税務処理をする
  42. 悟りを開く
  43. マイラーになってマイルをためまくる
  44. 地方物件のオーナーになって各地を視察する
  45. 日本の名湯を制覇する
  46. Ingressで雲取山のポータルを確保する
  47. モノポリーの世界選手権に出る
  48. MGで新戦略を試して圧勝する
  49. 自分のオフィスを持つ
  50. ブログを毎日続ける
  51. 肉体改造する
  52. 『21世紀の資本』を読む(達成2018/11/20
  53. 年間200冊の本を読む
  54. メディアの取材を受ける(達成2019/9/29
  55. ダイビングのライセンスを取る

 

いやぁ、なかなか100個は出てこないものです。たいへんです。

 

しかしこうして書き出すことで、自分が人生に何を求めていて、何を求めていないか、人生の輪郭がはっきりします。例えば、欲しいものや買いたいものはほとんどなく、太陽光発電所や収益不動産くらいです。誰かに会いたいとか有名になりたいという思いも全然ないようです。

 

だいたい人との関わりの項目が全くなくて、自分ひとりで実現できてしまうことがほとんどなのには驚きました。他人の評価は気にせず、自己評価の基準がしっかりある……といえばカッコイイのですが、やっぱり他人の評価は気になります。

 

かなり抽象的な「やりたいこと」と、具体的だが複数のことがセットになっているものが混ざっているのも気になります。きっとここは自分の中でもまだ具体化するほど熟成していないのでしょう。具体化したときには実行の準備が整いつつあるということなのだと思います。

 

今回は100書き出せませんでしたが、書き出すことで「やればできるな」と思えるのは大事なことですね。逆に、「ちょっと無理だろう」というようなことは無意識のうちに書かなかったのかもしれません。例えば「ハーバードを卒業する」みたいな。

 

死ぬまでの間にこの100個が本当に実現できるか? と考えると、人生は短いなと思います。また、100個書き出せないということは、自分には死ぬまでにやり遂げたいことが100個ないということなのかもしれません。

 

今後、定期的にこのリストをアップデートするとともに、達成した項目については「達成」と記載していこうと思います。

 

2018/07/06 資産管理法人の登記が完了しました。達成

2018/10/30 筑波サーキットで1分10秒を切りました。達成

2019/10/  200キロブルベを走破しました 達成