投資でセミリタイアする九条日記

セミリタイアを実現したサラリーマン。ETF投資を中心に、太陽光投資や不動産投資、オプション、VIX、FX、CFDまで使って資産運用をしています。

メルペイ、セブンで70%還元に向けてeKYCをやってみた

これまでクーポンの提供に留まっていたメルペイが、GW期間中の大型キャンペーンをスタートさせました。上限額が2500円と小粒ですが、50%還元という大盤振る舞いです。しかもセブン-イレブンでは70%還元という、聞いたことのない還元率で勝負です。

f:id:kuzyo:20190426143421j:plain

対応する銀行口座を持っていない!

この50〜70%還元には条件があって、銀行口座登録か本人確認が必要です。銀行口座を登録すればいいのね……と思いきや、なんとネット銀行全滅という落とし穴がありました。

 

対応銀行は下記のとおりです。メガバンクは入っているものの、ほかは地銀ばかり。楽天銀行や住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行などのネット銀行はありませんし、新生銀行やゆうちょも非対応です。

三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、
りそな銀行、埼玉りそな銀行、イオン銀行、
愛知銀行、青森銀行、足利銀行、阿波銀行、
伊予銀行、岩手銀行、SBJ銀行、愛媛銀行、
大垣共立銀行、香川銀行、北日本銀行、
紀陽銀行、京都銀行、群馬銀行、京葉銀行、
高知銀行、滋賀銀行、四国銀行、静岡銀行、
じぶん銀行、仙台銀行、大光銀行、第三銀行、
大東銀行、筑邦銀行、千葉興業銀行、中京銀行、
筑波銀行、東和銀行、徳島銀行、栃木銀行、
鳥取銀行、トマト銀行、 富山銀行、長野銀行、
西日本シティ銀行、百十四銀行、福井銀行、
福島銀行、 北海道銀行、三重銀行、みちのく銀行 

 三井住友銀行の口座は持っていますが、開店休業状態。これを連携させるのは気が引けます。

初めてのeKYC

では本人確認です。これまでの本人確認は、免許証などをスマホのカメラで撮ることはできてもそれで完了せず、自宅に郵送される書類を受け取って完了でした。アナログな手続きが必須だったわけです。

 

メルペイが4月23日に対応したeKYCは、Electronic Know Your Customerの略で、完全にオンラインで完結する本人確認の方法です。

 


メルペイ「アプリでかんたん本人確認」の撮影方法の紹介【メルカリ公式】

 

スマホのインカメラを使い、免許証と自分の顔を同時に撮影します。単にパシャっと撮るのではなく、顔を傾けてください、左を向いてください、右目をつむってくださいなどの指示が入ります。顔写真ではなく実際の人物だということを確認しているのでしょう。

 

最後には、免許証の厚みを確認するために、動画撮影をしながら免許証を傾ける動作をするよう言われます。

 

eKYCは簡単といえば簡単ですが、シニア層にはけっこう難しいんじゃないか? とも思いました。

すぐに完了するわけではない

eKYCだけに、登録後すぐに本人確認完了となるのかと思いましたが、そうではないようです。「ただいま確認中」と出て、1時間経っても完了しません。文字で入力した名前や住所と、免許証の記載が同一か確認しているのでしょうか。まさかそれは手作業でやっているのか? と疑問がつのります。

 

約6時間後、メッセージが来ました。が、「厚みが確認できません。やり直してください」というもの。あらら。やはりeKYCといっても最後は手作業なのですね。しかもそこそこ時間がかかります。改めて作業をやり直しましたが、果たして手作業チームはGW中もチェックしているのでしょうか? 本人確認が完了しないとGW中の70%還元は受けられません。どうするのでしょう?

 

セブンで70%還元するなら、利用額は3572円

さてセブン-イレブンで70%還元利用をする場合、3572円の使用が必要です。上限額は2500円なのでこうなります。3572円というのはお菓子などには高い金額ですが、お弁当やビールなどを買えばすぐに達成できそうです。

 

ちょうどメルカリの売上金が5000円ほどあり、いい具合の使用額となりました。

 

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com