FIRE:投資でセミリタイアする九条日記

FIREを実現したサラリーマン。ETF投資を中心に、太陽光投資や不動産投資、オプション、VIX、FX、CFDまで使って資産運用をしています。

Googleスプレッドシートにゴールシーク機能登場

これまで、「ExcelにはあってGoogleスプレッドシートにはない」機能として、「ゴールシーク」が挙げられていました。ところが、いつの間にか、Google謹製のゴールシーク機能の提供が始まっていました。

f:id:kuzyo:20200513010508j:plain

アドオン から、アドオンの取得 Goal Seekを見つけてインストール

使い方は簡単です。Googleスプレッドシートを開いたら、メニューからアドオンを選び、アドオンの取得、そして、Goal Seekを検索してインストールするだけです。

f:id:kuzyo:20200513010639j:plain

すると、アドオンメニューに「Goal Seek」が登場します。ここで「Open」を選ぶと、右ペインにGoal Seekの設定画面が出てきます。

  • Set Cell ゴールとする値、変動させない値を入れるセル名
  • To Value ゴールとする値そのもの
  • By Changing Cell ゴールを求める際に変化させるセル

基本的には、この3つを設定して、「Solve」ボタンを押せば、ゴールシークが動きます。

実際の動作状況

実際の動きは下記の通りです。ここでは次のような設定にしています。

  • I20セル 「FI値」が20となることをゴールとする
  • I16セル 「貯蓄率」を変動させる

ここでは、FI値20になるように、数字を変動させて適切な貯蓄率を求めるゴールシークが動いています。

f:id:kuzyo:20200513004854g:plain

 

こちらの記事で、このゴールシークを使いました。

www.kuzyofire.com

 

ゴールシークは複雑な計算において、方程式を計算してセルに計算式を入れなくても、適切な値を計算することができます。この例では、数式で書いたほうが簡単でしたが、積み立て複利で資産が増えていく時、生活費の20倍を貯めるには何年かかるか? という計算をするには、FV関数を使うため、結構やっかいでした。そのため、ゴールシークを利用しました。

 

www.kuzyofire.com