FIRE: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIREを実現しました。投資歴20年以上。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家。ロジックとエビデンスを大事に、運と不確実性を愛しています。

MetamaskでEthereumのテストネットから無料でETH配布を受ける

f:id:kuzyo:20200913224637j:plainいまさらながらDeFiをちょっと試してみたいと思っています。ただ実際のお金を使うのもどうかと思い、Ethereumのテストネットを使うことを思い立ちました。どのようにしてテストネットにアクセスして、無料でETHをもらうか、手順をメモとして書き残しておきます。

Metamaskのインストール

まずはEthereum(とERC20トークンなど)のウォレットであるMetamaskのインストールから。そういえばEthereumはガチホールドなのですが、ウォレットはMyEtherwalletのままで、ほかのウォレットをしばらく使っていませんでした。

 

「DappsやるならMetamask」というのはしばらく前から聞いていたのですが、なんとなく取り組めていませんでした。さて、Metamaskは、ブラウザ拡張機能のウォレットです。今回はChromeの拡張機能としてインストールしてみました。最もメジャーな方法だと思います。

f:id:kuzyo:20200913224644j:plain

検索すればMetamaskのダウンロードページが出るので、そこからChrome向けをダウンロードします。

f:id:kuzyo:20200913224648j:plain

「GetStarted」を押すと設定の始まりです。まず、新たにウォレットを作るのか、別のウォレットから引き継ぐのかを決めます。「シード」と呼ばれる12この単語でできたパスワードを入れれば、自分のETHの資産を引き継ぐことができます。または「Create a Wallet」で新たに作ります。

f:id:kuzyo:20200913224654j:plain

注意事項を確認して「I Agree」。

f:id:kuzyo:20200913224700j:plain

続いて、Metamaskのパスワードです。長いパスワードにしましょう。Metamaskをインストールしたブラウザで、このパスワードを突破されると、ETH資産が盗まれてしまいます。

f:id:kuzyo:20200913224707j:plain

続いて、この新しく作ったウォレットのパスフレーズを、見られないところに保管です。「Reveal」をクリックすると表示されるので、これを書き留めておきます。このパスフレーズは絶対に誰にも見せてはいけません。オンライン環境にあるメモ帳などに記載するのもやめたほうがいいです。紙に書いて、金庫にしまっておくのがいいでしょう。取引所しか使っていないと分かりませんが、このパスフレーズはブロックチェーン上にある自分のETHにアクセスするための「秘密鍵」と呼ばれるものと同義です。

f:id:kuzyo:20200913224715j:plain

これで設定は可能です。Metamaskはローカルで動作するウォレットなので、どっかのサーバにメールアドレスなどを設定する必要もありません。

f:id:kuzyo:20200913224718j:plain

主な4つのテストネットに接続可能

続いてテストネット。イーサリアムは世界で1つのブロックチェーンを使って送金を行ったり、プログラム(スマートコントラクト)を実行するわけですが、その本番環境であるメインネットのほかに、テストをするためのブロックチェーンがあります。

 

テストネットは複数あって、「Ropsten」「Kovan」「RinkeBy」「Goerli」など。Metamaskの上部のプルダウンから、どのネットワークを使うかを選択できます。

f:id:kuzyo:20200913224723j:plain

Ropstenで1ETH獲得

最初にRopstenを選んで、無料のETHを受け取ってみましょう。「Buy」ボタンを押すと、送金を受けて入金するか、Faucetから無料でETH配布を受けるかを選べます。当然ですが、メインネットとRopstenは別のブロックチェーンなので、この受取アドレス宛に、メインネットのETHを送ってはいけません。

f:id:kuzyo:20200913224729j:plain

「Etherを取得する」を選ぶと、下記のページが表示されるので、緑のボタンを押して、受け取ります。これで無料で1ETH取得できました。

f:id:kuzyo:20200913224739j:plain

Kovanで4ETH獲得

今度はKovanです。同じくBuyを押すと表示される画面から、GitterのWebサイトを表示して、そこの掲示板にETHの受け取りアドレスを貼り付けます。すると、しばらくして4ETHが送金されてきます。

 

f:id:kuzyo:20200914141950j:plain

自分のETHの受け取りアドレスは、Metamaskのこちらからコピーできます。

f:id:kuzyo:20200913224744j:plain

 

 

f:id:kuzyo:20200913224753j:plain

RinkeByで3ETH入手する

続いてRinkeByです。こちらは少々面倒で、同じく「Buy」を押して表示されるサイトの左のボタンから、CryptoFaucetを選びます。ここにURLを貼ると、ETHが送られてきます。

 

f:id:kuzyo:20200913224757j:plain

f:id:kuzyo:20200913224801j:plain

上記の画面にURLを貼ります。では何のURLを貼るかというと、

  1. 自分のETH受け取りアドレスをTwitterなどに投稿
  2. そのTwitterURLを貼る

というステップを踏みます。

Goerliから0.05ETHを受け取る 

最後はGoerliです。こちらも「Buy」から「Etherを入手」を選ぶと下記の画面が出ます。ここに自分のETHの受け取りアドレスを貼れば、0.05ETHを入手できます。

f:id:kuzyo:20200913224811j:plain

各テストネットでETH取得完了

このようにして、各テストネットで無料のETH配布を受けることができました。これで、実際のETH(メインネット)を使うことなく、Ethereumのアプリケーションを試すことができるようになります。

f:id:kuzyo:20200913225003j:plain

次回は、実際にいくつかのDeFiアプリをテストネットで使ってみたところをまとめてみたいと思います。 

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com