FIRE: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIREを実現しました。投資歴20年以上。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家。ロジックとエビデンスを大事に、確率と不確実性を愛しています。

カブコムでPontaで投信を買い、1万5000ポイント獲得の攻略法

auカブコム証券が、Pontaポイントを使った投資信託の買付に対応しました。併せて、キャンペーンを行い、最大1万5000ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施します。少々複雑なこのキャンペーンの攻略法を考えます。うまくいけば、数日間で投下資金の3%を得ることができます。

f:id:kuzyo:20200924165448j:plain

3%もポイントで還元

今回のキャンペーン名は「ポイント投資デビュー応援キャンペーン」です。au IDに登録し、エントリーした上で投資信託を購入すると、Pontaポイントがもらえます。最大1万5000ポイントと太っ腹です。

f:id:kuzyo:20200924170230j:plain

シンプルに計算すると、取引額が上がるほど還元率が増加し、50万円以上の買付では3%にあたる1万5000ポイントが還元になります。しかもポイントの付与なので税金もかかりません。

 

期限は2020年12月30日約定。それまでに……というか、そのギリギリまでにアクションを行うことが重要です。

ややこしい対象者

少々難しいのは、今回の対象者です。まず新規にカブコムの証券口座を開いた人は、文句なく対象。難しいのは、既に口座を持っている人です。対象外を書いたほうが分かりやすいですね。

  • 9月25日時点で投資信託を持っている人
  • 2019年10月1日〜2020年9月25日の間に投資信託取引を行った人

うーむ。これはあれです。カブコム証券のアクティブユーザーはダメということです。休眠口座的な人が対象というわけですね。もっとも、投資信託だけが対象なので、株式メインの人は大丈夫です。

一部でもポイントを使えばOK

50万ポイントもないよ……と最初考えたのですが、よく読むと「一部でもポイントを使えばOK」ということです。ただし、取引ごとにポイントを一部でも使わないと、キャンペーンの取引額に入りません。

 

安全にいくなら、例えば10ポイント+49万9990円で、投資信託をスポット買付することになります。投信は当日15時までの申込みで、翌営業日約定ですので、29日火曜の日中に申し込めばOKですが、不安なら1日前の申込みもありですね。

 

購入する投信は、買付手数料ゼロ、信託財産留保額ゼロ、値動きが少ないものがベストです。カブコムは現在投信買付手数料すべてゼロなので、ほかの条件を満たすものを考えると、次あたりかな?

  • 三菱UFJ 日本国債ファンド(毎月決算型) 1年ボラティリティ 2.49%
  • 明治安田 日本債券オープン(毎月決算型) 1年ボラティリティ 3.27%
  • eMAXIS Slim国内債券インデックス 1年ボラティリティ 2.32%
  • iFree日本債券インデックス 1年ボラティリティ 2.34%
  • たわらノーロード国内債券 1年ボラティリティ 2.27%
  • 三井住友・DC年金バランスゼロ(債券型) 1年ボラティリティ 1.86%

そして、途中解約すると取引額から減額されるため、12月30日をまたいで、2021年に入ってから解約する必要があります。ベストプラクティスは次のようになるでしょう。

  • 12月29日に10ポイント+49万9990円で投資信託購入 30日約定
  • 値動きの小さい債券系の投信を選択
  • 2021年1月4日、投信を売却

Pontaポイントを現金化もでき、わずか数日間で3%ものリターンも得られるなかなか魅力的なキャンペーンです。カブコム証券で過去に投信を買っていた人は残念でした。

 

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com
www.kuzyofire.com