投資でセミリタイアする九条日記

セミリタイアを実現したサラリーマン。ETF投資を中心に、太陽光投資や不動産投資、オプション、VIX、FX、CFDまで使って資産運用をしています。

オリコEX Gold for Bizが到着 ダイニング by 招待日和をチェック

ちょっと前に申し込んでいた法人クレジットカード「オリコEX Gold for Biz」が無事に到着しました。初めての法人カードということで、審査が通るかドキドキしていましたが、実質的には法人口座引き落としの個人カード扱いということで、余裕だったようです。

f:id:kuzyo:20180916182338j:plain

kuzyo.hatenablog.com

年会費無料のETCカードも合わせて申し込んだので、太陽光発電の物件下見でも交通費精算がラクラクです。個人で建て替えてあとで法人として経費処理すればいいや、と初めは思っていたのですが、ETCの料金をメモしたり履歴をチェックして経費表につけるって意外に面倒なんですね。

 

事務処理は苦手じゃないほうだったのですが、確かにこれはポイントが1%くらい違っても法人カードで処理したほうが楽ちんです。

f:id:kuzyo:20180916182311j:plain

 

オリコカードは専用のスマホアプリがあって、請求金額やポイントを確認できます。さらに、引き落とし口座として設定した住信SBIネット銀行には、「MF for 住信SBIネット銀行」というアプリがあって、ここにオリコカードを登録すれば、利用履歴を自動で仕分け(適当ですが)して保存してくれます。

 

個人のマネーフォーワードとは別アプリ、別データになっていて、これはこれで便利です。

 

さて、オリコEX Gold for Bizといえば、高級レストランの1名分のコース料金が無料になるという招待日和です。ただしかし、招待日和には複数の種類があるようで、オリコEX Gold for Bizで利用できるのは「ダイニング  by 招待日和」になります。

マスターカード認証 - 招待日和

上記のサイトからマスターカードの番号を入れると認証が行われる感じです。その後、会員ログインとなります。「招待日和」で検索すると、本家の招待日和が表示されるので、注意が必要です。

 

東京全体だと94件のレストランが登録されています。ジャンルの比率は下記の感じ。日本料理とフレンチが2大巨頭です。その他は14件ほどあって、バー、鉄板焼き、焼き肉、ステーキなど。なぜステーキがアメリカ料理になっていないのかはお店のスタンスもあるのでしょう。

f:id:kuzyo:20181009164714j:plain

 

価格帯は下記のように、1万円から1.5万円がボリュームゾーンです。最も安いお店は1名6,945円+サービス料20%+テーブルチャージ2100円。なんか、追加料金がいろいろあります。サービス料とテーブルチャージは、ほとんどの店でかかるようなので要注意です。最も高いお店は、2.5万円または3万円のコース+サービス料10%でした。

f:id:kuzyo:20181009164717j:plain

東京のさらに地域別だと、六本木近辺と渋谷近辺が多いです。

f:id:kuzyo:20181009164719j:plain

また、日本のほかにシンガポールのレストランが19件登録されています。

 

予約は、3営業日前までに予約デスク(平日10:00〜19:00)に連絡となります。電話は不要で、メール予約ができるのがありがたいところです。

 

まだ利用はしていませんが、年会費2000円のもとくらいは取りたいな、と思います。