FIRE: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIREを実現しました。投資歴20年以上。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家。ロジックとエビデンスを大事に、運と不確実性を愛しています。

WealthNaviがネオモバで入会キャンペーン 最大5万円

WealthNaviがSBIネオモバイル証券で入会キャペーンをやっています。12月9日から1月31日までに、WealthNaviに入金した金額に応じて現金をプレゼントするというものです。 条件は3月31日までに一度も出金を行わないこと。つまり2カ月少々の資金拘束でプレゼントがもらえるということです。

f:id:kuzyo:20191226003104p:plain

利回りは最大で0.42%

入金額に応じてプレゼント金額は変わってきます。そしてその比率は一定ではありません。利回りと、年換算利回りにしたものをグラフにしてみました。ちょっと面白いことに、10万円までの少額の場合と、500万円以上の高額の場合の利回りが同じで、100万円近辺は凹んでいることが分かります。利回りにして約半分です。

f:id:kuzyo:20191228003132p:plain

純リターンで0.22〜0.42%。年率に換算すると1.3〜2.5%となります。

 

ちなみに、WealthNavi本体が夏のキャンペーンをやったときも、同様に預け入れ金額に応じて現金プレゼントでした。ただし、グラフの形状は真逆です。このときは、150万円の入金が最も効率よく現金を受け取れました。利回りは0.85%に達していました。

f:id:kuzyo:20191228003351p:plain

0.42%は悪くないが、運用リスクをどう見るか

2ヶ月で0.42%は一見悪くないように見えますが、ロボアドのWealthNaviは当然運用リスクを伴います。年率で2.5%分の上乗せがあると考えると悪くはないのですが、逆にいうとそのうち1%はロボアド費用として持っていかれるわけです。通常の運用と比較すると、キャンペーンによって年率1.5%の上乗せがあると考えるべきでしょう。

 

また、こうした資金の投資先としては、FXのスワップアーブ(少なくとも年率で3%)というのもありますし、少なくとも年率で4%以上を見込める優待クロスという手法もあります。これらは手間はかかるものの、ほぼノーリスクです。

 

またまともな利回りになるのが、10万円か500万、1000万という極端な数字なのも気にはなります。10万円でトライしても、得られるキャンペーン額は500円。これでは手間賃にもなりませんね。500万円なら2万5000円のプレゼントなので、まぁなくはないでしょう。

 

WealthNaviの場合、最も低リスクな「リスク許容度1」の場合でも、株式比率が23%に達します。さらに不動産も5%入っているんですね。そしてドル建てのため、為替リスクも負うことになります。これらをヘッジすることも可能ですが、それは年率1.5%では足りません。

f:id:kuzyo:20191228005322p:plain

 

まぁ僕の場合だと、リスク資産の一部を取り崩して、その分をWealthNaviに当てることでリスク資産へのエクスポージャーを増やさずに、キャンペーン分1.5%のメリットを取るという選択肢はあります。しかしそうすると、取り崩しのために、今度は含み益に対する課税と、取引手数料が重しになります。いやぁなかなか難しいものですね。