FIer: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIerを実現しました。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家で、リバタリアン。ロジックとエビデンスを大事に、確率と不確実性を愛しています。

LINE CFDで1万円(10万円)ゲットのキャンペーンがありました

LINE証券が、1万円または10万円が必ず当たるという、これまた大盤振る舞いなキャンペーンを実施中です。この記事を書いている時点ではすでに時遅しなのですが、備忘録として書いておきます。読まれた方、ごめんなさい。

キャンペーンの条件

こちらのキャンペーンは次のような条件です。

  • いちかぶ取引 10万円実行
  • CFD取引 計10回実行
  • CFDは日本株か外国株
  • プレゼントは現金入金。タイミングは6月下旬

問題は、スケジュールです。まず「いちかぶ取引」については5/24〜5/31の間に実行する必要がありました。今からではもう間に合いません。ごめんなさい。

 

さらにCFDに関しては、当初6/8までだったのですが、早期終了となりました。6/3の14:50が最終です。というわけで、この記事を読んだタイミングでは時すでに遅し。こちらもごめんなさい。

「いちかぶ取引」 計10万円

まずいちかぶ取引ですが、なんでもいいので10万円の取引です。買いでも売りでもいいので、6万円くらい入金して、5万円ちょっと購入、すぐに売却でOKです。注意したいのは手数料。銘柄ごとにグループA〜Dに分かれていて、Aが一番コストが安くなります。

 

グループ

  • グループA 日中0.2%スプレッド、昼休み1%、夜間1%スプレッド
  • グループB 日中0.3%スプレッド、昼休み、夜間取引なし
  • グループC 日中0.4%スプレッド、昼休み、夜間取引なし
  • グループD 日中0.5%スプレッド、昼休み、夜間取引なし

グループA一択で、かつグループAは大型株とかETFになります。

ぼくはこの中で、1540純金上場信託を選択しました。まぁ別にTOPIXとか日経225とかトヨタで何も問題はないのですが、ボラティリティが相対的に小さくて、変動による損失リスクが少ないのが選択の理由です。

 

下記、上のグラフが1540、下が日経225のボラティリティです。6〜20くらいで推移する日経225に比べて、1540のボラは4〜10くらいで小さいことが分かります。

 

いちかぶチャレンジコースCFDで10回取引

続いてはCDFの売買です。こちらは日本株か外国株の中から、5回買って5回売却すればいいことになります。スプレッドを考えると、日中9:00-14:50の間に日本株でやるのがいいですね。

 

今回のキャンペーンは額ではなく回数なので、最も価格の安い銘柄を複数回売買するのがポイント。ZHDが株価が安くてグッドです。1日終値で424.5円。これの0.2%は1円未満なので、往復で2円というところ。5往復(10回)で10円といったところです。

さらに、50回(25往復)すると、10万円の当選確率が2倍ということになっています。そもそも10万円の当選確率が明かされていないので、どのくらいのコストなら2倍にする価値があるのかわかりませんが、25往復にしても追加コストは50円といったところ。時間があれば、売買してもいいですね。

というわけで、自分自身では取引をしつつ、条件などは確認していたのですが、書くのが遅くなってしまったため、単なる自分の中での備忘録になってしまいました。