投資でセミリタイアする九条日記

セミリタイアを実現したサラリーマン。ETF投資を中心に、太陽光投資や不動産投資、オプション、VIX、FX、CFDまで使って資産運用をしています。

優待クロスを信用売り+現物渡しでクローズ。一般口座と特定口座で現渡しは不可能だった

3月26日の権利確定日には信用買いから現引きでの現物購入も完了。権利が確定して27日になったので、仕込んでいた株主優待銘柄のポジションをクローズしました。具体的には、信用売りのポジションに対して、買っていた現物を渡してクローズする、いわゆる「現渡」です。

f:id:kuzyo:20190327103944j:plain

スマホアプリでも実行できますが、今回はPCにて。

信用が一般口座で、現物が特定口座だった!

ところが今回1つ失敗がありました。ミツバ【7280】について、操作ミスで信用売を一般口座でやってしまったのです。

f:id:kuzyo:20190327104030j:plain

f:id:kuzyo:20190327104034j:plain

こちら現渡ししようとしたら、「足りません」とのメッセージが。そうです。一般口座と特定口座は分かれていて、相互にやりとりできないのです。これは失敗でした。

 

しょうがないので、信用売りは返済買いをし、現物も売却しました。

  • 信用売返却買い 638.0円  代金 63,800円
  • 現物   売り 637.4円  代金 63,740円

差し引きで、60円のロスです。さらに現渡しならかからない手数料が、それぞれ97円ずつかかりました。締めて254円ものコストです。ここに現物買い(信用買い)のコストと信用売りのコストが乗ってきます。もしかしたら「群馬県特産品」の価値を上回ってしまうかもしれませんね。

f:id:kuzyo:20190327105338j:plain

 

ちょっとした操作ミスですが、単体でみると大きなダメージでした。

 

【今回の一連の操作】

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com