FIRE: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIREを実現しました。投資歴20年以上。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家。ロジックとエビデンスを大事に、運と不確実性を愛しています。

じぶん銀行のスマホATMが気になる 財布を薄くしたい

以前から小さな財布を使っていて、入れるカードも厳選しています。いかに財布を薄く軽くするか。それを考えている中で、ちょっと気になったのがじぶん銀行のスマホATMです。 

スマホがキャッシュカード代わりに

じぶん銀行のスマホATMは、スマホがキャッシュカード代わりになってATMからお金を降ろせるというものです。スマホのじぶん銀行のアプリからQRコードを表示させて、それをセブンイレブンのATMにかざすと入出金できます。

f:id:kuzyo:20191210223237p:plain

よくよく考えると、財布の中のキャッシュカードはATMからお金を下ろすことにしか使いません。しかも、昨今のキャッシュレスの流れもあって、日常現金を使うことが非常に減っています。丸一日まったく現金を使わないこともしばしば。

 

財布の中に数万円入れておけば、けっこうな日数を過ごせるのに、いざというときのためにキャッシュカードを持っておくのは、ちょっと財布がメタボな感じもします。

課題1 セブンイレブンでしか入出金できない

1つの問題はセブンイレブンしか使えないことです。現在持ち歩いているキャッシュカードは新生銀行のもので、こちらはコンビニATMすべて、ゆうちょのATM、各銀行のATMをすべて利用できます。しかも何回使っても手数料は無料です。これは、新生ゴールドにしているおかげですが、これは普通預金の平均残高を100万円超にすればいいので、比較的ハードルは低いです。

www.kuzyofire.com

果たしてセブンイレブンだけでいいのか? 実際に使ってみないと分かりませんが、どのくらい現金を引き出すことがあるかとのトレードオフです。ATMから現金が必要になるときは、けっこう切羽詰まっているときも多いので、少し心配ですね。

課題2 じぶん銀行のステージを上げないと手数料がかかる

もう一つは手数料です。新生銀行が無料なのに対して、じぶん銀行ではステージに応じて手数料がかかります。

f:id:kuzyo:20191210223810p:plain

月に何回ATMを使うかというと、まぁ8回もあれば十分な気がしますが、これには4段階目のステージ「じぶんプラス4」になる必要があります。このステージを実現するための条件はちょっとややこしくて、まず預かり資産が100万円を超えていれば達成です。さらに、

  • 外貨預金残高が20日時点で10万円以上
  • 仕組み預金残高が20日時点で10万円以上
  • 住宅ローンの借り入れ中
  • カードローン残高が1万円以上
  • 自分銀行FXの取引がある

という条件を満たすと、ステージ5に上がります。まぁステージ4で十分なので、預金残高でクリアすればいいのですが、追加条件がちょっと嫌なものが多いですね。投資信託とかなら素直に買うのですが。

 

ちなみに、無料振り込みは、ステージ4で月8回、ステージ5で月15回です。新生銀行では、ゴールドの場合で無料になるのは月5回まで。これを考えると自分銀行の振り込みのほうが有利です。

f:id:kuzyo:20191210224232p:plain

課題3 決済メインバンクを移行するのはけっこう面倒

もう一つ、現金引き出し銀行をじぶん銀行にするなら、やはり決済のメイン口座を移行するほうが合理的です。ところが、決済口座を移行するのはけっこうやっかいなんですね。ちょっと思いつくだけでも、下記の設定を変更しなくてはなりません。

  • 給与振込先の変更
  • クレジットカート(数十枚!)の引き落とし先変更
  • アフィリエイトの振り込み先変更

公共料金などは基本的にクレジットカート決済にしているのでいいのですが、複数のクレカの引き落とし先を変更するのは、ちょっと面倒すぎます。かといって、決済口座とは別に現金引き出し口座としてじぶん銀行を運用するのも、どうかなぁという感じですね。

 

そんなわけで、スマホATMには魅力を感じながらも、本当に移行するかどうかはもう少し検討です。ただし、このところキャッシュレスの進展を肌身で感じているので、ATM利用の重要性が下がってきたのも事実。頭の片隅においておきたいと思います。