FIer: 投資でセミリタイアする九条日記

九条です。資産からの不労所得で経済的独立を手に入れ、自由な生き方を実現するセミリタイア、FIerを実現しました。米国株、優待クロス、クリプト、太陽光、オプションなどなどを行うインデックス投資家で、リバタリアン。ロジックとエビデンスを大事に、確率と不確実性を愛しています。

【動画】確定申告で総合課税を選択して配当控除を受けてみる

2020年分の確定申告が2月15日からスタートしますが、還付の場合はすでに受け付け開始しています。初めての人には心理的ハードルが高いと思うので、実際の確定申告の例として、記入の模様を動画にしてみました。

 確定申告の流れ

確定申告の流れのおさらいです。

  1. 年間取引報告書などを各金融期間から入手する
  2. 国税庁の「確定申告コーナー」にアクセス
  3. 必要項目を入力する(今回の動画)
  4. 生成された申告書(PDF)を印刷して、最寄りの税務署に郵送して終わり

このようにわざわざ確定申告を行うのは、次のようなときにメリットがあるからです。

www.kuzyofire.com

今回の確定申告の目的

今回の確定申告では、未成年の子供の確定申告にチャレンジしてみました。ジュニア口座で取引があるものの、給与などはなし。つまり、純粋に株式の損益のみの確定申告です。

 

大枠の狙いは、次の3つです。

  1. 2つの取引所で、それぞれ譲渡損益が出ていたので通算する
  2. 総合課税を選択することで、配当の税金を取り戻す
  3. 譲渡損失を翌年に繰り越す

未成年の場合、48万円の基礎控除があるので、給与ゼロの場合総合課税額はマイナス。配当の税金も目一杯取り戻すことができます。

 


確定申告で総合課税を選択して配当控除を受けてみる

ちなみに、こちらの動画は確定申告コーナーの入力デモ、サンプルなので、税金の取り扱いに関するご相談は、税理士や税務署へお願いいたします。念の為ですが、当方は税理士ではありません。

www.kuzyofire.com

www.kuzyofire.com
www.kuzyofire.com